2018年1月15日(月) 釣場偵察

晴れ時々曇り


今年はもう既にコアユが来ているという目撃情報が2回ほど入って来ていましたので、私も一度覗きに行ってこようと思い、本日出撃です。コアユ、又は、コアユらしい集団を見かけたのは、吾妻川と東レ排水口前とのことだったので、まず吾妻川を覗いて、東レ排水口前に行く前に盛越川を覗いて、そして東レ排水口前を覗いてから、釣りにならないようなら総門川でギルに遊んでもらおうという予定で出発しました。




吾妻川
まずは吾妻川ですが、偏光メガネをかけて、橋の上から琵琶湖側と道路側をしばらく観察しましたが、残念ながらコアユらしい小魚は全く見ることができません。ハエジャコも来ていない感じで、竿を出そうという気も起らず、このポイントはパスして次へ移動します。

盛越川
東レ排水口前のポイントに向かう途中、盛越川のポイントを覗いてみました。こちらは水が澄んでいて、水中の様子がよく見えますが、このポイントにも小魚の姿は見えません。ここでも竿を出さず、次へ移動です。

東レ排水口前
こちらはどうでしょう??? コアユ釣りをしている釣り人は誰もいません。やっぱりダメなんでしょうねぇ。
しばらく辺りの様子を眺めていると水中に何か小さなメダカのような集団が見えました。目を凝らして見ているとどうやらコアユ(氷魚)の集団のようです。まだ集団は小さいようですねぇ。

とりあえず竿を出して様子を見てやろうと思い、4.5m竿に仕掛け(コアユスペシャル)をセットして仕掛けを入れてみましたが、その集団はどこかへ散ってしまいました。
エサなしではダメなのかと思い、次に集団が見えたときにシラスのみの撒餌で仕掛けを投入しますが、これもダメみたいです。またどこかへ散って行きました。
それでは・・・ということで、次に集団が見えたときに自作餌を試しますが、これもダメです。どうやらまだ活性が低すぎて針を追わないようです。

・・・で、、、1時間近くこのポイントであれこれ試しながら粘ってみましたが、何をしてもコアユの反応は悪く、結局コアユ釣りは諦めて竿をたたんで移動することにしました。

コアユは姿を見せてはくれましたが、まだまだ釣れる気配はないようです。
・・・とは言え、気になりますねぇ。。。
次に来るときは別の作戦を練って来ようと思います。

総門川
コアユを諦めてからはギルに遊んでもらおうということで、総門川にやってきました。前回来た時と同じポイントで竿を出します。
竿 : 2.1mのべ竿。
仕掛け : 普通のウキ釣り仕掛けで、針はタナゴ用の新半月(スレ針)1本針。
エサ : 赤虫に似せた疑似餌・イカの燻製・拾ったワーム。

まずはイカの燻製を小さく切った餌を針に着けて釣りスタートです。意外と早く1匹目が釣れます・・・が・・・
2匹目がなかなか釣れません。イカの燻製ではイマイチなのかなぁと思い、前回と同じく赤虫に似せた疑似餌を使いますが、なかなか釣れず、やぁ〜っとしてから2匹目ゲットです。
3匹目がなかなか釣れず、この近辺をあっち行ったりこっち来たりでウロウロして仕掛けを入れますが、アタリがたまにあるだけでちっとも釣れません。
あちこちウロウロしているときに、途中で切れたバス釣りのワームが落ちていましたので、それを拾ってワームを小さく切って針に付けてやってみると、すぐにアタリがあって3匹目ゲットです。
拾ったのは結構柔らかいワームでしたので、この柔らかいのが良かったみたいです。その後先ほどまでよりアタリが良く出るようになり、空振りもありますが2匹ゲットしました。
結局5匹目をゲットしたところで「もういいや」となり、本日のところはこれで納竿としました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報