2018年2月20日(火) 釣場偵察

晴れ


今日は晴れていてお天気も良いし、日中は少し暖かくなりそうだし、後はコアユが来てくれていたら言うことナシなのですが・・・とりあえず今日も偵察に出撃して、コアユがまだのようだったら総門川でギルに遊んでもらおうと思います。




吾妻川
吾妻川のポイントに来てみると、地元のコアユ釣り師が数人竿を出しておられました。知り合いの方も来られているようなので、もしや!♪・・と、、少し期待して話しかけてみましたが、どうやらコアユはまだのようです。
しばらくの間、見学して談笑していましたが、釣れる様子は全くなく、アタリもカスリもない状態が続いていました。
道路側の浅場のポイントにも小魚らしき影も全く見えません。まだキビシイ状態ですが、こうして地元の釣り人が竿を出し始めているのを見ると、もうそろそろなのかなぁ・・・

盛越川
盛越川も前回同様、水中に動くものはなく、まだまだ状態です。しばらくあちこち見て回りましたが、竿を出してみようと思うことなく移動です。

東レ排水口前
こちらも釣り人ゼロ。排水口の吐き出し口と、少し下流部の水面にもコアユの集団らしきものは全く見えません。
すぐ近くにアオサギがじっとしているので、もしかしたら小魚を狙っているのかも・・と、勝手に都合よく想像して竿を出してみましたが、やっぱりアタリもカスリもありません。
20分くらい粘ってみましたが、排水口から吐き出されて来る水が茶色く濁ってきましたので、このまま続けて粘っても無理があると判断して竿をたたみます。

この後は総門川でギルに遊んでもらおうと思います。

総門川
総門川のポイントにやってきました。

竿 : 2.1mのべ竿。
仕掛け : 普通のウキ釣り仕掛けで、針はキツネ3号(スレ針)1本針。
エサ : ワーム、イカの切り身。

最初は針にワームを付けて釣りスタートして、仕掛けを上げ下げしているうちに最初の1匹目が釣れました。今日も楽しませてくれそうです。

その後も、釣れるには釣れるのですが、前回より少しペースが遅い気がして、ワームを外してイカの切り身に変更してみますと、結構アタリが出るようになってきて、今日はワームよりイカの切り身の方が良いようです。
今日は前回までの針(キツネ1号スレ)より大きめの、キツネ3号(スレ針)に変更したのが幸いして、空振りやバラシがかなり減って、しっかり針掛かりしてくれるようになったので、結構数釣りできました。今日も1時間半ほどギルに遊んでもらい、釣りを楽しむことができました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報