2018年2月26日(月) 釣場偵察

晴れ


今日も日中は暖かくなりそうなのですが、「アカンやろなぁ・・・」と思いながらも出撃です。コアユがまだの場合は今日も総門川でギルに遊んでもらおうと思います。




吾妻川
今日はこのポイントでコアユ釣り師は一人も竿を出していません。左の琵琶湖側にバス釣りの釣り人が一人いるだけです。しばらく水面とにらめっこをしていましたが、コアユらしき小魚もハエジャコも見ることができませんでした。

盛越川
こちらもまだのようです。ユリカモメがたくさん手摺にとまって翼を休めています。見える範囲の水中には小魚も何も見えません。チラッとでも見えたら竿を出してみるのですがねぇ・・・

東レ排水口前
コアユが来ていたら、水面に集団が見えるはずなのですが、水面には何も見えません。とりあえず竿を出して20分くらいしゃくってみましたが、アタリもカスリもなしのダメダメ状態でした。

総門川
結局総門川でギルに遊んでもらうことにします。

竿 : 2.1mのべ竿。
仕掛け : 普通のウキ釣り仕掛けで、針はキツネ3号(スレ針)1本針。
エサ : ワーム、イカの切り身。
釣りスタートして間なしに小さいギルが釣れました。今日も遊んでくれそうです。飽きさせない程度に間を置きながらポツリポツリとギルが釣れる中、ちょっとアタリが遠のいてイカの切り身をワームに変更してみたら、子バスが掛かってきました。
その後しばらくアタリがなくなり、ちょっとイヤになりかけたときに釣れてきたのはデカイギルです(写真右下)。これくらいの大きさになると引きを楽しんで釣ることができますねぇ。
釣れ具合を見ながら、餌をイカの切り身にしたりワームにしたりして、ポツリポツリと釣っているうちにピタッとアタリが止まってしまいました。2時間半くらいここで遊んでいて、釣れたのはギル23匹とバス1匹の、合計24匹でした。いちおう釣りを楽しむことができたので、本日はこれで納竿です。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報