2018年3月7日(水) 釣場偵察

曇り


今日の大津(琵琶湖)の天気予報では晴れのち曇りで、風速は1〜2mとなっています。私が釣場に着く頃は風速2mくらいだと思いますので、釣りをするにはマズマズの風で、コアユ釣りには適しているのですが、今日はコアユが来ているでしょうか???




盛越川
まずは盛越川にやってきました。やっぱり釣り人はゼロで、コアユが来ていそうにありません。道路側の流れ込みを見てみると、濁り水が流れ込んでいて、川半分は濁っていて何も見えません。もちろん見える範囲を見てみましたが、水中に動く生き物は見えません。

東レ排水口前
次に東レ排水口前にやってきました。排水口の吐き出し口近辺をじっと見つめていると、何かわからないけれど小魚の小集団が来ています。コアユだったら嬉しいなぁと思いながら竿を出してみました。

竿:4.5mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャル1号アジ針4セット連結。
錘:ナス型2号。
撒餌はしないのでラセンは外します。

吐き出し口に仕掛けを投入して、流れに任せて流します。
確かに小魚の集団の中に仕掛けが入っているのですが、魚が針に興味を示さないようです。
竿いっぱい仕掛けが流されたら仕掛けを吐き出し口に入れ直して流します。何回も何回もこれを繰り返しているうちにやっと手ごたえが・・プルプルプル・・ときましたが、姿を見ずにバラシです。
そしてしばらくしてからアタリがあって、上げてみたら10cm近いハエジャコが見えましたが、手元に寄せる前にポチャンです。
その後、2回ほどプルプルプルという手ごたえがあって2回ともまたまたバラシ・・・手ごたえからしてコアユを期待してしばらく粘ります。仕掛けの周りには確実に小魚がいて、時々キラキラしているのですが、なかなか針掛かりしませんねぇ。

今度は仕掛けを流しながらオーバー気味に誘い(シャクリ)をかけてみますと、プルプルプルの後に小魚が針に掛かって上がってきました。ぱっと見コアユのように見えて一瞬喜びましたが、小魚を手にして見るとハエジャコでした。
針から外して即リリースして釣り続けていると、またまたプルプルの後に上がって来たのはハエジャコです。どうやら仕掛けの周りにいる小魚の小集団はハエジャコのようです。更に釣り続けてもう1匹追加したのもやっぱりハエジャコ・・・この状況だとコアユはいないようなので、ここは一旦竿をたたんで移動です。

吾妻川
東レ排水口前でハエジャコに遊んでもらった後は吾妻川のポイントにやってきました。
右岸のカーブのポイントに、一人竿を出しておられ、知り合いの方だったので、声をかけてみますと、ここもハエジャコが釣れたとのことです。コアユは釣れていないようです。

とりあえず私は前回と同じ左岸のカーブで竿を出してみることにします。

竿:5.8mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャル1号アジ針4セット連結。
錘:1.5号ナス型。
撒餌:前回と同じく、シラス+パン粉+塩+小麦粉少々。
ラセンはセット中央に付けます。

ラセンに撒餌をねじ込んで、仕掛けを少し沖目に投入して、シャクリながら手前に引き寄せるようにして、仕掛けが手前に来たらしばらくそのまましゃくって・・しゃくって・・を繰り返します。
撒餌がなくなったらまたラセンに撒餌をねじ込んで仕掛け投入です。

これを何回も何回も繰り返しているとアタリがあって、コアユにしては少し手ごたえがあります。上がって来たのはやっぱりハエジャコでした。
このあと少し時間を空けて、釣れてきたのはやっぱりハエジャコ・・・そしてハエジャコ・・・
結局ハエジャコを3匹釣ったところでコアユは諦めて納竿としました。このポイントで竿を出していたのは30分ほどでしたが、コアユはまだのようですねぇ。

今日の風と波の感じだったら、コアユ最盛期の時期だと爆釣モードなのですが・・・・・

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報