2018年3月13日(火) 釣場偵察

晴れ


今日は朝から思いっきり良いお天気で、雲一つない快晴です。天気予報では晴れで風速2〜3mとなっています。3mは少し強いかなぁと思いながら出撃です。今日もお昼は早目に家で食べてから出発しました。




吾妻川
朝はまだ少し寒いかなぁと思っていましたが、釣場に着いた11時40分頃は結構暖かかったです。まだ強い風が吹いていなくて、寒さは全く感じません。これでコアユが釣れたら言うことナシなのですが・・・
既に河口部左岸のカーブにも、右岸のカーブにも地元の釣り人が竿を出しています。今日はどうだろう?
とりあえず竿を出してみることにします。
左岸のカーブで竿を出している釣り人のうち、一人は毎年お会いする釣り人で知り合いでもありますので、ちょっと様子を聞いてみましたがダメのようです。私もダメ元で知り合いの方の右横で竿を出させてもらいました。

竿:5.8mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャル1号アジ針4セット連結。
錘:1.5号ナス型。
撒餌:シラス+パン粉+塩+小麦粉少々。
ラセンはセット中央に付けます。

前回同様、ラセンに撒餌をねじ込んで、少しだけ遠目に仕掛けを入れて、しゃくりながら仕掛けを手前に引き寄せ、仕掛けが手前に来たら、しゃくって・・しゃくって・・をしばらく続けて、アタリがなければ仕掛けの入れ直しをします。仕掛けを上げたときに撒餌が溶けて少なくなっていたりなくなっていたりしていたら撒餌を追加します。これを何回も繰り返しますが、アタリもカスリもありません。今日は前回みたいにハエジャコも掛かってきません。

1時間以上このポイントで粘ってみましたが、アタリもカスリもない状態が延々と続きます。お天気は良いし暖かいし、気持ち良いのですがねぇ。。。
今日はハエジャコも釣れず、音沙汰ナシのまま、ついにギブアップです。竿をたたんで東レ排水口前に移動することにします。

盛越川
東レ排水口前に行く前に、その道中にある盛越川のポイントを覗いてみました。こちらは釣り人ゼロで、水も澄んで水中が見える状態だったので、あちこちウロウロして水中の様子を見ましたが、小魚他、水中で動く生き物は全く見ることができませんでした。

東レ排水口前
 
こちらのポイントではバス釣りの釣り人が一人、排水口の吐き出し口近辺で釣りをされていましたが、しばらくするとこの釣り人が移動されたので、ここで竿を出すことに決定です。
竿を出す前に吐き出し口近辺を見ていても小魚も何も見えなかったのですが、釣りの準備をしてからもう一度吐き出し口近辺を見てみると、小魚の集団がやって来て、水中でキラキラと見えました♪
これがコアユの集団だったら言うことナシなのですが・・・・・
竿:4.5mのべ竿。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針1号4セット連結。
錘:ナス型2号。

ラセンナシ、撒餌ナシで釣りスタートで、吐き出し口のすぐ手前に仕掛けを入れて、仕掛けを流れに乗せて流します。すると第一投目にプルプルプルと来て小魚が針に掛かって来たのですが、手元に寄せる前にポチャンです。幸先の悪いスタートですねぇ ( ´△`)アァ-
パッと見コアユかな?のように見えましたが、ハエジャコかも・・・
その後、仕掛けは小魚の集団の中に確実に通っているのですが、なかなか掛かってくれません。小魚はたくさん見えるのですがねぇ・・・もしかしたらコアユではないのかも???
・・・で、次はスレ掛かりで小魚が上がって来ました。アタリ、手応え、釣れた小魚のパッと見、共にコアユっぽく見えたのですが、魚を手に取ってしっかり見てみるとやっぱりハエジャコでした。

その後も何度も何度もキラキラしている小魚の集団の中に仕掛けを通しますが、反応ナシで、やっとしてから上がって来たのは、これもスレ掛かりでハエジャコでした。

仕掛けへの反応が悪いので、アジ針の仕掛けをキツネ針に変更して試してみましたが、小魚はいるけど全く反応なし状態はアジ針のときと全く同じです。この状況だと釣れる気がしなくなってきて、見えている小魚も多分ハエジャコばかりと思われますので、ついにギブアップして納竿としました。

ここでは1時間半ほど粘ってみましたが、釣れたのは小さいハエジャコ2匹とバラシ1匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報