2019年2月21日(木) コアユ釣り「ボ」

曇り


今日は降水確率も低く、天気予報では晴れ時々曇りとなっていて、気温も3℃〜10℃なので少し期待して家を出発しました。・・・が、曇っていて寒いです。でもそのうち太陽が出て、日が当たると暖かくなるだろうと思いながら釣り場に向かってバイクを走らせます。

前回と同様、様子を見ながら、盛越川、東レ排水口前、吾妻川と行ってみたいと思います。





盛越川
盛越川のポイントです。
このポイントは水深が浅いので、曇っている割に水中の様子が良くわかります。
偏光サングラスをかけて辺りをウロウロ歩いて様子見しましたが、コアユらしい小魚もハエジャコも見つけ出すことはできません。
チラッとでも見えたら竿を出してみようという気になるのですが、この状況では竿を出そうという気にならず、見るだけ見て次へ移動します。

東レ排水口前
排水口の吐き出し口を覗いてみますが、今日は前回より水中が見にくく、いるのかいないのか???よくわかりません。・・・と、、そのとき、沖の方にカワウが来て水中に潜る瞬間が見えました!
竿の届く範囲よりはるかに沖の方ですが、カワウが来ているということはもしかするかもしれませんので、とりあえず竿を出してみることに・・・・・

竿4.5m延べ竿。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)、1セット4本針を4セット連結。
錘:ナス型2号。
ラセンは付けず、撒餌ナシです。

排水口の吐き出し口の手前に仕掛けを入れて、仕掛けを僅かに上下させながら流れに乗せます。竿いっぱい仕掛けを流したら一旦上げて入れ直します。これを何回も何回も繰り返します。
・・・が、、、 繰り返すこと30分、アタリもカスリもない状態が続き、冷たい風が吹いてきて手がかじかんできます。一瞬雲の切れ目から日が差しましたが、ものの数分でまた曇り空です。
結局釣れそうな気がしなくなってきて、ギブアップし、ポイント移動することにしました。

吾妻川
こちらのポイントは橋の上からですと、道路側の水中の様子がそこそこ見えますので、しばらく様子を見ましたが、コアユらしい小魚などの姿は見えません。
本湖側は水深があって水中の様子はわかりません。とりあえず竿を出すしかないのですが、少し風が強く、冷たい風が吹いてきました。
おまけに相変わらず曇ったままで、本湖側に出たら結構寒いです。
日が差して来たらそれでも少しは暖かくなると思うのですが、日が差してくる様子もなく、竿を出してみたいけど出そうというスイッチが入らず、本日のところは諦めて竿も出さずにこのまま撤収しました。
家に帰ってから気付いたのですが、何だか目が埃っぽい感じがして、もしかしたら・・・と思った瞬間くしゃみの連発&鼻水が(-_-;)。。。。。いよいよ花粉症が始まったようですねぇ。これからしばらくは花粉症に悩まされそうです(ノД`)・゜・。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報