2019年2月27日(水)
コアユ釣り「ボ」&バス・ギル釣り

曇り一時晴れ間


ここしばらく少し気温が高目でしたので、もうそろそろと思っていましたが、昨日出撃された釣り仲間から「ボ」の情報が入ってきましたので、今日も多分キビシイだろうと思いながらも出撃します。

今日の予定は、御殿浜→盛越川→東レ排水口前→吾妻川と4カ所のコアユポイントを偵察して、コアユがダメの場合は、総門川でバス・ギル狙いで遊んで来ようと思います。





御殿浜
予定1番目の御殿浜です。偏光サングラスをかけて橋の上から水中の様子を覗いてみましたが、今日は水があまり澄んでなくて、もし何かいてもわからない状況です。しばらく水面とにらめっこしますが、竿を出しても釣れる気がしないので、見るだけにして次へ移動します。

盛越川
御殿浜では気付かなかったのですが、少し水位が下がっている感じですねぇ。
こちらのポイントは水中の様子が良く見えます。橋の上から本湖側と道路側の水中をしばらく観察しますが、小魚らしいものは何も見えません。
道路側の流れ込みのところでは、今日もハエジャコの姿を見ることができませんでした。
この状況では竿を出そうという気も起きなく、見るだけ見て次へ移動です。

東レ排水口前
排水口の吐き出し口を覗いてみますが、今日も前回同様に水中が見にくく、いるのかいないのかがわかりません。せっかくここまで来たことなので、とりあえず竿を出して探ってみることにします。

竿4.5m延べ竿。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)、1セット4本針を4セット連結。
錘:ナス型2号。
ラセンは付けず、撒餌ナシです。

いつものように、排水口の吐き出し口の手前に仕掛けを入れて、仕掛けを僅かに上下させながら流れに乗せます。竿いっぱい仕掛けを流したら一旦上げて入れ直します。これを何回も何回も繰り返します。
・・・が、、、やっぱりアタリもカスリもしませんねぇ。。。
30分くらいこの状況の中粘ってみましたが、結局何の音沙汰もなく、ギブアップして次へ移動です。

吾妻川
予定4番目の吾妻川です。本湖側左岸カーブのところにはバス釣りの釣り人がおられます。右岸カーブのところにも1人釣り人がおられます(後ほどコアユ釣りの釣り人と判明)。
橋の上から本湖側の水中の様子は見えませんでしたが、道路側の方はそこそこ見えます。・・・が、、、何かいるような感じはありませんねぇ。とりあえず、本湖側の左岸カーブのポイントで竿を出してみます。
仕掛け準備中に知り合いの常連さんが1人参戦されます。

竿:5.8m延べ竿。
仕掛け:コアユスペシャル袖針版(針:2号)。4セット連結して中央の連結部にラセンセット。
錘:1.5号。
撒餌:自作餌。

少し沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら仕掛けを手前に引き寄せて来て、仕掛けが手前に来たところでしばらくしゃくって・・しゃくって・・
反応がなければ仕掛けを入れ直しです。もちろん、撒餌が溶けて小さくなったら撒餌を追加します。
これらの動作を何回も繰り返しますが、やっぱりこのポイントでもアタリもカスリもありません。
1時間ほど粘ってみましたが、ずっとダメダメ状態が続き、釣れる気がしなくなったので、この吾妻川のポイントでもギブアップです。
結局コアユ釣りは「ボ」となって納竿し、この後総門川でバス・ギルに遊んでもらうことにします。

総門川でバス・ギル釣り
実は前回(21日)にもこの総門川に立ち寄ってみたのですが、バス・ギル共に振られてしまって「ボ」だったので、今日ももしかしたらこちらも「ボ」かと思いながら行ってみると、今日は水中に小魚が見えましたので期待して竿を出します。
竿:3.6m延べ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け。ウキはピンポンウキを使用します。
針:キス針(海釣り用のキス針6号)1本針。
餌:ミミズ。

少し流れがありますので、仕掛けを投入後流れに任せて流します。餌は水底を這うように流します。
仕掛けが竿いっぱい下流部に流されたら入れ直します。
これを繰り返すわけですが、1投目の仕掛け投入直後アタリが出て、上がってきたのは少し大きい目のギルです。そして続けてバス(子バス)が上がってきました。
入れ食いとは行きませんが、そこそこ間隔を空けてポツポツと釣れてくれます。
飽きない程度にバスが釣れて、2回ほど針から外れて落ちて逃がすことがありましたが、1時間半ほどこのポイントで遊んで、ギル2匹、バス13匹のバス・ギル合わせて15匹の釣果です。バスは結構引いてくれて楽しませてくれました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報