2019年3月5日(火)
コアユ釣り「ボ」&バス釣り

晴れ


昨日は雨でしたが今日は朝から晴れています。日中は気温も上がりそうだし、運良く空き時間ができたので出撃することにします。
前回同様、御殿浜→盛越川→東レ排水口前→吾妻川とコアユの偵察として、どこかで釣れそうならそのままそのポイントに留まってコアユ釣りをしたいと思いますが、もしどこともダメならこれまた前回同様、総門川でバス・ギルに遊んでもらうことにしたいと思います。





御殿浜
昨日の雨のせいか、僅かに水位が上がったような気がします。前回来たときより水の中がぼんやりとですが見えます。橋の上からしばらく水面とにらめっこしますが、やっぱり何もいませんねぇ。竿を出さずに次へ移動します。

盛越川
こちらも水中の様子は見えますが、小魚らしいものは何も見えません。動いている生き物と言えば、水面に浮かんでいる水鳥くらいです。ここも竿を出さずに次に移動です。

東レ排水口前
釣り場に着いてすぐに竿を出さず、排水口の吐き出し口の様子を見に行ったときに、岸寄りの水中からカワウが出てきました!もしかしたらコアユが来ているのかなぁと、思いながら吐き出し口の様子を見ますが、小魚らしい姿は全く見えません。でもカワウが来ているということは・・・と、、、少し期待して竿を出します。

竿4.5m延べ竿。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)、1セット4本針を4セット連結。
錘:ナス型2号。
ラセンは付けず、撒餌ナシです。

吐き出し口の手前に仕掛けを入れて、前回同様に仕掛けを流します。
仕掛けを入れたり上げたりを何回も繰り返しますが、アタリもカスリもありません。やっぱりコアユはいないのでしょうかねぇ。
しばらくして、水中に何やら動くものがぼんやりと見えました。それはどうやら大きい鯉のようです。それも2匹もいます。仕掛けの近くをウロウロしているようで、もしスレでも掛かったら大変です。
時間を見たら、釣り開始から40分経過してます。コアユは釣れそうにないし、このまま釣り続けていて、鯉でも掛かったら仕掛けを壊されそうなので、このポイントでの釣りは諦めて次に移動することにします。

吾妻川
吾妻川にやって来ました。釣り人ゼロ。ホントに誰もいません。橋の上から水面の様子を伺いますが、本湖側は水中の様子は見えないのでわかりません。
道路側は橋の上から水中の様子が見えますので、しばらく眺めていましたが、小魚らしいものも何も見えません。今日もダメかなぁと思いながら、本湖側の左岸カーブのポイントで竿を出してみることにします。

竿:5.8m延べ竿。
仕掛け:コアユスペシャル袖針版(針:2号)。4セット連結して中央の連結部にラセンセット。
錘:1.5号。
撒餌:シラス+パン粉+小麦粉のダンゴ餌。

少し沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら仕掛けを手前に引き寄せて来て、仕掛けが手前に来たところでしばらくしゃくって・・しゃくって・・
反応がなければ仕掛けを入れ直しです。もちろん、撒餌が溶けて小さくなったら撒餌を追加します。
これを何回も何回も繰り返しますが、残念ながら今日もアタリもカスリも何もなし状態が延々と続きます。
お天気は良くて、風も頃良い風が吹いていて、寒さを感じることもないし、これでコアユが釣れてくれたら文句なしなんですがねぇ。
結局粘ること40分。なぁ〜〜んにもアタリなしの状態が続いて、ついにここでギブアップして、コアユ釣りはこれで納竿です。

総門川でバス釣り
コアユ釣りを諦めた後は、総門川でバス・ギル狙いで遊びます。

竿:3.6m延べ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛け。ウキはピンポンウキを使用します。
針:キス針(海釣り用のキス針6号)1本針。
餌:ミミズ。

前回来たときと同じポイントで竿を出しますが、水中が見えすぎているせいかどうか、なかなかアタリが出ません。確実にバスが見えているのですがねぇ。

今日はハエジャコの集団がこの近辺に来ていて、バスたちはハエジャコを狙っているようです。時々バスがハエジャコを追っているのが見えます。こうなるとミミズはあまり喰ってくれないのでしょうかねぇ。
そんな中、たまぁ〜にポツッとバスが釣れます。
仕掛けの近くにバスが来ているのが見えますが、ミミズを喰ってくれるバスはあまりいないようで、ハエジャコばかり追っています。
結局1時間40分ほど釣りをしていましたが、釣れたのはバス6匹でした。今日はギルは釣れませんでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報