2019年4月16日(火)
コアユ釣り

晴れ


お天気予報では晴れで、風もさほど強くなく、気温も上がって行く方なので文句なしの良いお天気です。後はコアユが釣れてくれれば文句なしなのですが、、、

今日の偵察予定は、御殿浜→盛越川→東レ排水口前→相模川(大津プリンスホテル前)→琵琶湖文化館(東・西)→吾妻川として、場合によっては諸子川と堂の川もチェックしたいと思います。





御殿浜
前回来たときより水位が上がっている感じです。橋の上から見える範囲で水中の様子を伺いましたが、小魚らしい姿も何も見えません。まだのようですねぇ。竿を出さずに次へ移動します。

盛越川
こちらは水が澄んでいて、結構広い範囲を見ることができましたが、このポイントも何もいないような感じです。ここでも竿を出さずに次に移動します。

東レ排水口前
水嵩が上がって水中の様子が見にくいですが、もし排水口の吐き出し口のところにコアユが来ていたら、キラッとでも光ると思ってしばらく水面とにらめっこしていましたが、全くその気配もなしです。竿を出そうという気が起こらず、次へ移動します。

相模川(大津プリンスホテル前)
左岸の突端に鯉釣り師が何人かおられる以外は釣り人はいませんが、ダメ元で竿を出してみようと思います。

竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

ラセンに撒餌をねじ込んで、少し沖目に仕掛けを投入し、しゃくりながら手前に引っ張って来ます。
仕掛けが手前に来たら、しばらくそのまましゃくって・・しゃくって・・・・・反応がなければ仕掛けを入れ直します。仕掛けを入れ直す時に撒餌が溶けて小さくなっていたら撒餌を追加します。
これを何回も何回も続けていると、竿を持つ手にプルプルとした感触が伝わって来て、仕掛けを上げてみると何もナシ・・・ 気のせいだったのかなぁと思いながら釣り続けたところでまたまた手に感触が伝わって来て、今度は小さなコアユが1匹針に掛かっていました♪ 今年のコアユ第一号です!ここまで長かったですねぇ。とりあえずこれで「ボ」は免れましたが、その次がなかなかです。
もう諦めて次に移動しようかなぁと思いながら仕掛けを入れたところでプルプルと来て2匹目ゲットです!♪
こうなるともうちょっと続ける気になってそのまましばらく粘ります。・・・が、このポイントで粘ること1時間。結局釣れない時間が延々と続き、一旦竿をたたんで次に移動です。

琵琶湖文化館(東・西)
琵琶湖文化館(東側) 琵琶湖文化館(西側)
吾妻川に到着前に、琵琶湖文化館東側でトイレタイムとしてポイントの様子を見てみましたが、東側も西側もコアユ釣り師はゼロです。多分釣れないんだと思います。どうしようかなぁと思いましたが、吾妻川の方が気になるので、竿を出さずに移動することにします。

吾妻川
河口部左岸のポイントにはバス釣りをしている釣り人がいて、右岸のカーブのポイントにはコアユ釣り師が数人竿を出しておられました。
・・・ダメみたいですねぇ・・・

左岸のカーブのポイントの釣り人が移動して、ポイントに空きができたので、とりあえずそこで竿を出してみることにします。

竿、仕掛け、その他は先ほど相模川のと全く同じです。

釣りスタートしますが、アタリもカスリもなく、釣れそうな気配は全くありません。
とりあえず30分ほどこのポイントで粘ってみましたが、ただただ仕掛けを入れてしゃくっているだけで、何の音沙汰もなく降参です。

諸子川
相模川で釣れたということは、水深のある諸子川でも釣れるかもしれないと思い、吾妻川から諸子川に移動して竿を出してみました。・・・が、、、ダメですねぇ。。。 30分ほどやって降参しました。

堂の川
諸子川でダメなら堂の川はどうでしょう??? ・・・ですが、、、やっぱりこちらもダメなようですねぇ。
ここでも30分ほど粘ってみましたが、全く音沙汰ナシで釣れる気配もなく、降参して撤収しました。

本日の釣果
釣り場は全部で9カ所見て回って、竿を出したのは4カ所でした。結局、釣れたのは相模川(大津プリンスホテル前)のみで、本日の釣果は2匹でした。
今年に入ってから、やっと湖南でコアユが釣れました。過去の記事を見なおしてみると2007年に湖南のコアユが遅れています。同じようなパターンになるとしたら、遅く始まった割に早く終わりそうですねぇ。同じようなパターンにならないことを祈りたいです・・・・・

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報