2019年4月20日(土)
コアユ釣り

晴れ


前回の釣行日と同じく、今日もお天気ヨシ、風もあまり強くなく、気温も高めだし、コアユ釣りには言うことなしのお天気です。

本日の偵察予定は、吾妻川→琵琶湖文化館(西・東)→相模川(大津プリンスホテル前)→堂の川→諸子川と回って、竿を出そうという気が起きたところで竿を出してみたいと思います。





吾妻川
前回来たときより更に水位が上がっている感じです。さすがこの時期まで来ると、河口部の左岸・右岸のカーブのポイントにはコアユ釣り師が数人いました。橋の上からしばらく様子を伺っていましたが、釣れていないようです。水中の様子もそこそこ見えますが、コアユらしき魚影は見えません。竿を出しても釣れそうにないので、このままパスして次へ移動します。

琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
西側のカーブのポイントにはバス釣りの釣り人しかいませんでしたが、東側のポイントにコアユ釣り師が1人見えます。どうやら釣れていないようですねぇ。パスして次に移動します。

相模川(大津プリンスホテル前)
こちらは前回2匹釣れたポイントに先客がおられました。先客の近くまで行って、しばらく雑談しながら見学させてもらいましたが、釣れないようです。

このポイントに来る前に、堂の川に立ち寄ってみるとブルーギル狙いの釣り人が1人おられて、その釣り人とおしゃべり中に、コアユらしい小魚の小集団を発見しましたが、すぐにいずれかへ移動してしまって行方不明となっていたのが気がかりです。

堂の川
相模川(大津プリンスホテル前)は釣れそうな感じがしなかったので、気になる堂の川へやって来て、ここで竿を出してみることにします。

竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

ラセンに撒餌をねじ込んで、少し沖目に仕掛けを投入し、しゃくりながら手前に引っ張って来ます。
仕掛けが手前に来たら、しばらくその場でしゃくって・・・しゃくって・・・を繰り返し、反応がなければ仕掛けの入れ直しです。もちろん仕掛けを上げたときに撒餌が溶けて小さくなっていたら撒餌を追加します。
またコアユらしい小魚の小集団がやって来ないか気にしながらこのポイントで粘りますが、全く音沙汰ナシで、小魚の小集団も見かけることができません。
・・・そして、、、40分くらい時間が経過しましたが、残念ながら反応ナシ状態が延々と続き、降参して次のポイントに移動します。

諸子川
こちらは堂の川のお隣の川です。堂の川を小さくしたような堂の川に似たポイントですから、もしかしたらこちらにコアユの小集団がやって来ていないか覗いてみましたところ、来てましたねぇ♪
かなり小規模な集団ですが、少し沖目にチラチラと姿を見せてくれてます。どこかへ行かないでネと思いながら焦りながら竿を出してその集団の少し向こう側に仕掛けを入れてしゃくっていると、ついに1匹掛かってきました!♪
これで「ボ」はなくなったわけですが、この1匹を釣った後、コアユを針から外しているうちに集団の姿が見えなくなってしまいました(ノД`)・゜・。
その後餌を撒いているうちにまたやって来るだろうと期待して、1時間このポイントで粘り続けましたが、もう一度集団がやって来る雰囲気がなく、しゃくっても・・・しゃくっても・・・アタリもカスリもしない状態が続き、結局このポイントで釣れる気がしなくなり、降参しました。

琵琶湖文化館(西)
帰るにはまだ時間が少し早かったので、帰り道の途中の琵琶湖文化館(西)で竿を出してみることにしました。・・・・・が、、、こちらも全く音沙汰ナシで、アタリもカスリもありません。
30分くらい粘ってみましたが、コアユらしい集団も何も見えず、ついに降参して納竿としました。
4月も真ん中を過ぎたというのに湖南のコアユは未だ本格的となりませんねぇ。でも前回・今回ともいちおうコアユの姿は見せてくれているので、来週こそと期待したいところです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報