2019年4月22日(月)
コアユ釣り

晴れ


昨日の「淡水小物釣り掲示板」への書き込みによると、湖南もいよいよ始まったようなので、今日は映画鑑賞の予定を急遽変更して、コアユ釣りに出撃です。

偵察順序としては、吾妻川→琵琶湖文化館(西・東)→諸子川→堂の川→相模川(大津プリンスホテル前)として、ここぞと思ったポイントで竿を出してみることにします。





吾妻川
来てみてビックリ!で、コアユ釣り師が一人もいません! 橋の上からしばらく水面の様子を伺ってみましたが、見える範囲ではコアユらしい姿はナシです。常連さんがいないということはここは多分釣れないのでしょうねぇ。

琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
こちらのポイントもコアユ釣り師は誰ひとりいません。竿を出そうかという気が起こらず、道路側から見るだけ見て次に移動します。

諸子川・堂の川
諸子川 堂の川
前回釣りに来たときに、コアユの小集団が見られたので、一旦バイクを停めてから湖岸の方を見に行きましたところ、諸子川ではそれらしいものは見つけられませんでしたが、堂の川では小集団を見ることができました。堂の川で竿を出そうか迷いましたが、とりあえず次の相模川(大津プリンスホテル前)のポイントを見てからにしようと思い、竿を出さずに移動します。

相模川(大津プリンスホテル前)
こちらは左岸突端のカーブのポイントにコアユ釣り師が数人竿を出しておられ、知り合いの方もおられたので雑談しながら見学していると、ポツリポツリと釣り上げられています。中には何連かで釣っておられる釣り人もいます。
それならば、、、、、ここで竿を出すことにしましょう。。。

竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

ラセンに撒餌をねじ込んで、少し沖目に仕掛けを投入し、しゃくりながら手前に引っ張って来ます。
仕掛けが手前に来たら、しばらくその場でしゃくって・・・しゃくって・・・を繰り返し、反応がなければ仕掛けの入れ直しです。もちろん仕掛けを上げたときに撒餌が溶けて小さくなっていたら撒餌を追加します。
カーブの先の方で竿を出しておられる釣り人にはポツポツと調子良くコアユが掛かってきますが、私が竿を出したポイントはなかなか手強い(下手だけなのかもしれませんが・・・)ポイントでして、やぁ〜〜っとしてから1匹釣れました。釣れてくるコアユはホント、小さいですねぇ。1匹釣れてからその次までがこれまた長いこと長いこと・・・・・1時間ほどで13匹釣るのがやっとです。

コアユはいるにはいるのでしょうが、大きな群れではないのかもしれないと思い、プチ移動決行です。
移動して仕掛けを入れてみると、入れるが早いかアタリが出ました。多分移動先のポイントの方が良かったのでしょう(^^♪
しばらく移動先のポイントに落ち着いて釣り続けます。
それほどバンバン釣れるわけではないですが、そこそこ調子良く釣れてくれます。気を良くして釣り続けているうちに、カウンターを見ると75です。うまく行けば束釣れるかと思いながら粘っていると、ポイントがプリンスホテルの陰に入ってしまって急ブレーキです。
しかたがないので釣れるかどうか自信はありませんでしたが、日の当たっているポイントにもう一度プチ移動してみます。そして仕掛けを入れて少し餌撒きしたらアタリが出てくれて釣れました!♪
ツイてますねぇ。今度移動してきたポイントはしばらく日陰に入りそうになかったので、これなら束釣り行けると思い、内心ニンマリです(^^)v

時間を見ると14時45分です。いちおうポツポツとは釣れ続いてはいましたが、自分的にはもう十分満足状態でしたので、今日のところはこれで納竿としました。
本日は11時30分頃に竿を出して、最終的には14時45分納竿ですから、3時間15分釣りをしていたことになります。プチ移動を2回して正解だったこともあり、釣れたコアユは全部で120匹でした。
しかし、釣れてくるコアユはほとんどメダカサイズでしたから、束釣れたといっても写真で見ての通り、嵩は上がりません。
いよいよ湖南のコアユが本格的となってきたようです。もうすぐ来る連休のときは、もっともっと釣れるだろうと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報