2019年4月28日(日)
コアユ釣り

晴れ


昨日の琵琶湖の強風で水が撹拌されてコアユの活性が上がっていることを期待できますが、風が強すぎて濁りの影響も気になるところです。今日もポイント偵察から始めて、気の向いたところで竿を出してみたいと思います。




吾妻川
こちらのポイントでは思った通り水が濁っていて水中の様子はさっぱりわかりません。
河口部左岸・右岸ともにコアユ釣りをしている釣り人が数名おられます。橋の上からしばらく様子を見ていましたが、釣れる瞬間を見ることができず、竿は出さずに次のポイントに移動します。

琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
こちらは、西側で竿を出している方がおられ、様子を伺うと今はアタリが止ったけれど、その前までは良かったとのことでした。
東側ではカーブのところに何人もコアユ釣りをしている釣り人がおられました。近くには行かなかったので様子はわかりませんが、あの状況からすると釣れているのだと思います。

諸子川・堂の川
諸子川 堂の川
諸子川に知り合いの釣り人がおられたので、近付いて様子を伺うと、ポツリポツリと釣れているようです。諸子川で竿を出そうかなぁと思いましたが、一旦パスして他のポイントを覗いてからとして移動します。

堂の川では、左岸のカーブのポイントにコアユ釣りをしている釣り人が1人おられました。少し気にはなりましたが、ここも竿を出さずに次に移動です。

相模川(大津プリンスホテル前)
こちらは釣れるだろうポイントはさすがに人がいっぱいです。ポイントを外せば空きがあるにはあるのですが、見るだけ見て竿を出さずに次に移動します。

オーク前(歯医者さん前)
時期的にはまだ早いのですが、オーク前のポイントにやってきました。こちらも水が濁っていて、コアユがいるのかいないのかは見えません。ならば竿を出して試してみましょう!

竿:5.4m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)。
こちらでの仕掛けはオーク版の仕掛けですから、ラセンの上2本、下6本です。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

少し沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら仕掛けを引き寄せ、仕掛けが手前まできたら少ししゃくり続け、反応がなければ仕掛けの入れ直しという動作を繰り返します。もちろん仕掛けを上げたときに撒餌が小さくなっていたら追加します。

この動作を何回も何回も繰り返しますがアタリもカスリもナシの音信不通状態が延々と続きます。30分くらいやって、そろそろアタリが出ても良いかなぁと思って粘っていましたが、全く音沙汰ナシで、やっぱり早かったと諦めて竿をたたんで移動します。

再び諸子川
オーク前を諦めた後、再び諸子川にやって来ました。右岸カーブのポイントに知り合いの方が1人、左岸のカーブには1人おられます。私は右岸のカーブのポイントで竿を出すことにしました。

竿:5.8m(天平硬中硬)。途中から5.4mに変更。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)。4セット連結で、中央連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

仕掛けを投入して、しばらくしたら1匹目が掛かって来ました。そしてしばらくして2匹目と、ポツリポツリと遅めのペースでコアユが釣れてくれます。

あまりペースが上がらないので、途中で仕掛けをコアユスペシャルアジ針(1号)版に変えてみたり、自作餌をシラス+パン粉+小麦粉の撒餌に変えてみたりと、いろいろやってみましたが、思ったようにペースが上がるわけでもナシ・・・・・どちらかと言えば、針は袖針の方が良かったような感じでした。
とにかくダラダラと釣れ続いて、約5時間ほどこのポイントでコアユ釣りをした結果、釣れたコアユは166匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報