2019年5月3日(金)
コアユ釣り

晴れ


朝からお天気も良く、コアユ日和です。
今日はコアユ釣りに出ますが、私がまず現地偵察して、釣れそうなポイントを確保してから後から来る息子と孫に連絡することになっています。息子は久しぶりにバス釣りがしたいと言うし、孫(小学校4年生)は食べられる魚が釣りたいと言いますので、孫にコアユ釣りをさせることにしたいと思います。

いつもように、私はバイクに乗って家を出発し、少し遅れて息子と孫は交通機関を利用して現地集合です。





琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
吾妻川はパスして、文化館のポイントを見てみますと、西側のカーブの先端に1人だけコアユ釣りをされている釣り人がいましたが、確実に孫に釣らせようと思うとこのポイントはチョット無理かと思い、東側のカーブのポイントを覗いてみました。カーブのポイントには既に何人もの先客がおられ、釣れそうなポイントに入るのは難しそうなので、ここもパスします。西側の釣況は遠目で見ていたのでわかりませんが、東側は結構調子良く釣れていました。

諸子川
諸子川のポイントに来てみると、釣り人は顔見知りの2人のみです。意外と釣り人が少ないのに少し戸惑いましたが、近付いて釣況を伺うと、ポツポツ釣れているようです。ここなら人も少ないし何とか釣りができそうなのでここで竿を出すことに決定し、息子たちに携帯で連絡してから釣りの準備にかかります。
息子たちが来るまでに時間があるので、仕掛けを出して先に釣り開始です。

竿:5.4m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)。4セット連結で、中央連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

開始早々に1匹目ゲット!♪ 調子良さそう♪♪
これなら孫が来てからも何とか釣らせてやることができそうです。
とりあえず餌を撒いて、できるだけコアユを集めるように頑張って、孫が来てからは竿も短いのを使う予定ですので、どれだけ岸近くで釣れるかの様子も見ながら釣り続けます。
釣り始めてから1時間50分くらい経った頃に息子が孫を連れてやってきました。
息子はバス釣りの準備をしてバス釣りにかかりますから、私は一旦竿をたたんで4.5mの竿を出して釣り準備にかかります。この段階での釣果は75匹でした。

竿:4.5m(硬調子の渓流竿)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)3セット連結して、いちばん上のセットと2番目のセットの連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

とりあえず仕掛けを投入したら孫に竿を渡して、私は孫の横でコーチです。この段階でカウンターをリセットして、孫が釣ったコアユのみカウントすることにします。
孫も初めは上手く竿の操作ができず、とまどっていましたが少しずつ慣れてくると何とかなってきて・・・

やっとして最初の1匹目を釣り上げます♪
もちろん針からコアユを外したり、撒餌が小さくなってきたら撒餌を追加したりするのは手伝うことになりますが・・・

そうこうしているうちに、ありがたいことに4.5mの竿がゆっくり届く位置にコアユが集まって来てくれます。その後はポツリポツリとコアユが掛かってきてくれて孫も大喜びです。

4.5mの竿と言えども、この体制での釣りはさすがに疲れるらしく、時々私に竿をバトンタッチして、孫が休んでいるうちに私が釣りをして、そしてしばらくしたらまたバトンタッチと釣り方交替をしながらの釣りです。
もちろん私が釣ったコアユはカウントせず、孫が釣ったときのみカウントします。

息子たちが来てから2時間半ほどしたところでコアユが釣れにくくなってきました。この時のカウンターの数字は46匹です。いちおうこれで孫も満足したようなので納竿して撤収です。

本日の釣果
カウンターを途中でリセットして、自分の釣った数がわからなかったので、家に帰ってから数え直してみましたところ、孫の分と合わせて167匹でした。

たまには孫サービスのコアユ釣りも良いものですねぇ。孫も大喜びのコアユ釣りを楽しめたひと時でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報