2019年5月5日(日)
コアユ釣り

晴れ


今日も朝からお天気良く、コアユ日和が続いています。本日は出撃可となりましたので、10時チョイ前頃に家を出発します。お目当ての釣り場は今日も諸子川として、もし込み合って空きがなさそうなら、どこかの湖岸で竿を出してみようと思います。




琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
諸子川到着前に、道路から見えるポイントは琵琶湖文化館(西・東)ですので、道路側からチェックします。
琵琶湖文化館西側は、コアユ釣りをしている釣り人が2人おられましたが、道路側から遠目で見ているので釣況はわかりません。
琵琶湖文化館東側は、3日に爆釣の情報が入ったポイントで、既に何人ものコアユ釣り師が竿を出していました。多分今日も調子良く釣れているのでしょうねぇ。

諸子川
諸子川のポイントに到着です。左岸・右岸共に何人ものコアユ釣り師が竿を出しておられます。知り合いの方も何人かおられ、久しぶりにwhoさんも来られていて、お隣に空きがあったのでwhoさんの左横で竿を出すことにしました。
釣り準備をして、釣り開始は10時30分ちょうどです。

竿:5.4m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル袖針(2号)。4セット連結で、中央連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1号。

少し沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら引き寄せて、仕掛けが手前まで来たらしばらくその位置でしゃくります。反応がなければ仕掛けを一旦上げて投入し直しです。もちろん仕掛けを上げたときに餌が溶けて小さくなっていたら餌を追加します。

whoさんとおしゃべりしながらやっているうちに本日の1匹目をゲット!♪
更に続けて2匹目ゲット!♪・・と、今日も調子良さそうな感じとなってきました。

釣り続けているうちに、仕掛けの周りにコアユの集団がウロチョロするのが見えて、時々針に飛びついてくるのを見ることができます。こうなるとバンバン釣れるはずなのですが、仕掛けの周りにチョロチョロしている割に釣れないものですねぇ。・・・と言うものの、ペース良くパタパタと釣れ続きます。

途中、撒餌をシラス+パン粉+小麦粉のものにも代えてみましたが、こちらは少し小麦粉がききすぎてバラケが悪いせいもあり、自作餌より劣るので、また自作餌に戻して釣り続けます。

13時半頃に少しペースダウンしたような感じとなり、ここからあとは、コアユスペシャルアジ針版に仕掛けをチェンジすると少しペースアップしました。

気が付いたらもう14時30分です。まだまだ調子良く釣れ続いてくれるのですが、自分的にはもう十分満足だし、ちょっと疲れてきたので今日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
10時30分から14時30分まで、4時間竿を出していて、釣れたコアユは全部で255匹でした。時間当たり60匹強のペースですねぇ。
前回(5月3日)のときも今日(5月5日)も湖岸で竿を出している釣り人がおられました、湖岸でも結構釣れるようです。私自身はまだ湖岸では竿を出していませんが、トイレタイムで竿を置いて湖岸の様子を見に行くと、湖岸のあちこちでコアユの集団を目にしましたから、特に川の河口部にこだわらなくても釣れるのかもしれません。
湖岸で釣るのもおもしろいですからねぇ。そのうち湖岸も挑戦してみようかなぁ。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報