2019年5月10日(金)
コアユ釣り

晴れ


お天気ヨシのコアユ日和で、今日は出撃することにします。
湖南のコアユはどことも釣れているようだし、釣り人も各ポイントに分散していて釣り場がそれほど混んでいないだろうと思います。
今日はできたらゆっくり座ってのんびりできそうなポイントを考えていて、琵琶湖文化館東側なんかが理想的ですので、釣り場を覗いてみて空きがあるようならそのポイントで竿を出すこととして、もし空きがなければ湖岸のどこかでやってみようと思います。





琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
最初に琵琶湖文化館を覗いてみましたところ、西側のカーブのポイントに3人ほどコアユ釣り師がおられます。そして第一希望の東側には3〜4人の先客が竿を出しておられましたが、釣りができるポイントの空きは十分ありますので、そちらで竿を出すことに決定です。
湖岸にはコアユの集団が寄って来ているのが見えますから、今日はいつもより短い竿でやってみます。
釣り準備をして、釣り開始は10時30頃です。

竿:4.5m(渓流竿)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)。4セット連結で、中央連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

竿いっぱい沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら引き寄せて、仕掛けが手前まで来たらしばらくその位置でしゃくります。反応がなければ仕掛けを一旦上げて投入し直しです。もちろん仕掛けを上げたときに餌が溶けて小さくなっていたら餌を追加します。
釣り開始1投目から本日の1匹目が掛かって来て、仕掛けの周りにコアユの集団がウロウロしているのが見えます。この状態なら釣れて当然状態で、結構早いペースで掛かってくれます。

単独で釣れることの方が多いですが、時々連で、3連で・・・と釣れてくれ、本日の最高は4連でした。
仕掛けを入れたら必ずアタリが出て、時々針から外れたり、ポロリもありますが、ともかく調子良く釣れてくれます。

この調子が止まることなくコアユが釣れ続き、もし釣れ止んだら納竿しようと思いながら、いつまで経っても釣れ止まず、気が付いたら14時30分です。
このまま続けていてもまだまだ釣れるとは思いますが、コアユ日和で、イスに座って短い竿でのんびり釣りができて、自分的にはもう十分楽しめましたので、本日はこれで納竿としました。

本日の釣果
10時半〜14時半まで、4時間竿を出していて、釣れたコアユは全部で332匹でした。1時間あたり83匹ですねぇ。座ったままで竿も軽かったし、今日はあまり疲れることなく釣りを楽しむことができました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報