2019年5月12日(日)
コアユ釣り

晴れ


今日もお天気ヨシのコアユ日和で、コアユ釣りに出撃です。いちおう釣り場を偵察しながらポイント探しをすることにしますが、多分諸子川で落ち着くだろうと思いながらバイクを走らせます。




琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
琵琶湖文化館西側のポイントは、今日もコアユ釣り師が少なくて1人だけです。道路側から遠目で見ているので、釣れているのかどうなのかわからないですが、どうなんでしょうねぇ。吾妻川も文化館東側も良く釣れているのだから、西側でも釣れるだろうとは思いますが、いつ見ても釣り人の数が異常に少ないので気になりながらもパスしてしまいます。
琵琶湖文化館東側のポイントは、多くの釣り人が竿を出していました。これだけ人がいたら間に入りにくいですねぇ。結局パスして諸子川に向かいます。

諸子川
諸子川も釣り人はそこそこいますが、まだ竿を出す余地があったので、右岸カーブのいちばん外側のポイントで竿を出すことにします。
釣り準備をして、スタートは10時30分頃です。

竿:5.4m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)。3セット連結で、一番上と二番目の連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

岸寄りの石積みのところにコアユの集団が見えますが、無視して少し沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら手前に引き寄せる方法での釣りです。
1投目、2投目は仕掛けの周りにコアユが来ている様子がなく、アタリなしで釣れませんでしたが、3投目にアタリが出て、本日の1匹目ゲットです!♪
1匹目の後はポツポツと釣れて、しばらくすると仕掛けの周りにコアユの集団がウロウロし始めます。
ここから後は、入れアタリの入れ食い状態となり、調子良くバタバタと釣れます。

どちらかと言えば、1匹ずつ釣っている方が多かったですが、時々連で釣れたり、3連もあり、最高は4連もありました。
一度だけですが、来てほしくない魚(ギル)が釣れました。やっぱり石積みの近くでは釣れる場合があるんですねぇ。

今日も釣れ止んで待たされることなく釣れ続き、気が付いたら14時です。
このまま釣り続けても釣れるには釣れますが、もう十分コアユ釣りを楽しむことができたので、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
10時30分から14時まで、3時間30分竿を出していて、釣れたコアユは全部で225匹でした。今日は1時間辺り64匹強ですから、前回の文化館東側のときよりはペースダウンでした。
釣りの途中のトイレタイムの時に竿を置いて湖岸の石積みのところを見てきましたが、石に付いているコアユの集団があちこちで見られました。もう十分引っ掛け釣りができる状態ではあるのですが、中には大きいのもいると思いますが小さいアユが多いですねぇ。まだサビキでコアユが釣れているし、引っ掛けをするには少し早いと感じました。
・・・でも気になりますねぇ。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報