2019年5月22日(水)
コアユ釣り

晴れ


今日はコアユ釣りに出撃です。湖南はまだ好調を維持してるだろうと思いながらも、もしイマイチ状態になったなら、湖岸で引っ掛け釣りも視野に入れて、サビキ仕掛けだけではなく、引っ掛け釣りの準備もして家を出発しました。本日のお目当てのポイントは、諸子川として、釣り場に着く前に覗いて行けるポイントは見ながら行くことにします。




吾妻川
ここしばらく吾妻川のポイントを覗いてなかったので、吾妻川に立ち寄ってみました。河口部左岸・右岸ともに何人かのコアユ釣り師が竿を出していました。それほど忙しく釣れてはいないようですが、ポツポツと釣れているようでした。

琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
琵琶湖文化館の西側は相変わらず不人気のポイントのようで、今日もコアユ釣りをしている釣り人は一人もいませんでした。東側は何人かのコアユ釣り師が竿を出しておられました。遠目でちょっとわかり辛いでしたが、ポツポツ釣れているようでした。

諸子川
お目当ての諸子川に到着です。河口部右岸・左岸共に数人のコアユ釣り師が竿を出しておられます。それほどバタバタと釣れているようには見えませんでしたが、そこそこ釣れているようです。先客に声をかけて、右岸のいちばん右側で竿を出すことにします。
釣り準備をして、スタートは10時40分頃です。

竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)。
4セット連結で、一番上と二番目の連結部にラセンをセットします。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

前回同様に少し沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら手前に引き寄せる釣り方です。
仕掛けを投入して何回か仕掛けを入れ直ししたところで本日の1匹目をゲットします(^^)v
その後は2匹目・・・3匹目と続いてくれて、仕掛けの周りにコアユの集団がチョロチョロ見え始めます。前回だとこのあとバンバン釣れ出しましたが、今回はそうは行きません。仕掛けの周りに集団がいるのですが、なかなか針に掛かりません。今日のコアユはちょっと手強いですねぇ・・・

しゃくり方で誘いのかけ方に変化を持たせたり、いろいろやっているうちに釣れるパターンを見つけて、しばらくはそのパターンで釣れますが、いつまでも同じようには行かないもので・・・
その都度あれやこれやで何とか数を稼ぎます。たまぁ〜に3連4連がありますが、ほとんど単独でしか釣れません。

午後からだんだん風が強くなってきて、14時頃には岸に波が当たって辺りの水が濁り出します。こうなると釣れるペースが落ちてきます。竿が届く範囲はかなり濁ってきましたが、ペースは遅いものの釣れるには釣れる感じです。

時間を見ると14時30分を少し回っています。釣れ止んだわけではなく、釣れるには釣れる状況ですが、いちおう自分的には満足できる状態なので、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日は前回までより少し遅い出勤で、10時40分〜14時35分まで竿を出していて、釣れたコアユは302匹でした。約4時間ほどでの釣果ですから、1時間当たり75匹ほどということですかねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報