2019年6月1日(土)
コアユ釣り

晴れ


今日から6月です。本日もコアユ釣りに出撃で、お目当ての第一希望ポイントはロイヤルオークホテル前(歯医者さん前)として、イマイチなら相模川、それもダメなら引っ掛け釣りとしたいと思います。

目的の釣り場に着く前に、バイクを走らせながらチラ見程度に他のポイントを見ながら行くことにします。





琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
琵琶湖文化館西側はやっぱりコアユ釣り師はいません。釣りをしているのはバス釣りの釣り人のみでした。東側は数名のコアユ釣り師が竿を出しています。まだ釣れているのだと思います。

諸子川・堂の川
諸子川 堂の川
諸子川は左岸、右岸共に数名のコアユ釣り師が竿を出しています。堂の川は右岸のみ、数名のコアユ釣り師が竿を出していました。いずれのポイントもまだ釣れているのだと思います。

相模川(大津プリンスホテル前)
相模川の左岸先端に1名、橋の近くに数名。右岸の石積みに数名のコアユ釣り師が竿を出していました。釣り人の人数は少なくなってきてはいますが、まだ釣れているのだと思います。

ロイヤルオークホテル前(歯医者さん前)
目的のポイントに到着です。誰もいませんねぇ。この状況で釣れるんかいな?と思いながら、竿を出す前に湖岸の様子を伺います。コアユの集団が見えるには見えるのですが、かなり数の少ない小集団しか見えません。それもあちこちにいるのだったら気合が入るのですが、竿を出してもダメモードの雰囲気です。

とりあえず竿を出してやってみないことにはわかりませんから、ダメ元でこのポイントで竿を出すことにします。30分ほどやってみて、もしダメだったら相模川のポイントに行けば良いという気で釣り準備にかかります。
釣り準備終え、スタートは10時半頃です。

竿:5.4m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号)。オーク仕様で、ラセンの上の針は2本、下は6本の計8本針です。
撒餌:自作餌。
錘:1.5号。

ラセンに撒餌をねじ込んで、竿いっぱい沖目に仕掛けを投入して、しゃくりながら手前に引き寄せ、仕掛けが手前に来たらしばらくそのまましゃくり続け、反応がなければ仕掛けを一旦上げて投入し直しです。
もちろん撒餌が溶けて小さくなったら追加します。

第一投目を投入してから約5分くらい経ったところで本日の1匹目ゲットです。いちおう釣れるようです。
その後思っていたより早く2匹目ゲット・・・3匹目・・・と続き、仕掛けの周りにコアユの集団がウロウロしているのが見え始めます。撒餌を打っている間にどこからともなくコアユが集まって来てくれたようです♪

この後もバンバン釣れれば数を稼ぐことができるのですが、そこはなかなかうまくいかないものでして、釣れなくなったり釣れたりを繰り返してダラダラと釣れ続きます。たまに連で釣れることもあります。

釣れるペースは1時間当たり30匹くらいですかねぇ。パタパタと釣れたり待たされたりを繰り返しますから、あまり忙しい感じがなく、釣れないなぁといった感じです。

時々仕掛けの周りのコアユが姿を消したりします。どこかへ行ってまた戻って来るのかなぁと思っていましたところ、どうやら近くにバスが来たときに逃げていくため姿が見えなくなるようです。

13時半頃でしたっけ・・・急に釣れなくなってきました。コアユは仕掛けの周りにいるのですが釣れません。とりあえずしゃくり方に変化をつけて、だましだましポツリポツリではありますが釣れます。

このポイントでは石の上に立ったままでの釣りですから結構疲れますねぇ。急ブレーキがかかってから調子が上がることもなくなって、時間だけが過ぎていき、いちおう3桁も達成していたので本日は納竿としました。

本日の釣果
結局10時半頃から15時まで4時間半このポイントで竿を出していて、釣れたコアユは全部で145匹でした。
仕掛けの周りにチョロチョロ見えている釣れないコアユを相手に、しゃくり方に変化を与えて、コアユが針にとびかかってくるのを見ながらの釣りもおもしろいですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報