2019年6月5日(水)
コアユ釣り(引掛け釣り)

晴れ


今日は久しぶりに引っ掛け釣りに出撃です。お天気、風共に引掛け釣り日和です。もし引っ掛けが不調だった場合を考えて、念のためサビキ仕掛けも持って行きます。
希望ポイントは諸子川と堂の川の間の湖岸として、釣り場に行く道中で琵琶湖文化館のポイントもチラ見して行くことにします。





琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西側) 琵琶湖文化館(東側)
琵琶湖文化館西側のポイントは相変わらずコアユ釣り師は一人も見かけません。
東側は、、、あらら・・いつもならカーブの近辺に何名かおられるはずだけど、今日は誰もいません。・・・と言うことは、ついに釣れなくなったのでしょうかねぇ。

諸子川
諸子川に到着しました。
こちらは、右岸のカーブのところで、下に下りてウキ釣りでコアユを狙っている方が二人おられましたが、伺ってみるとダメのようです。

「淡水小物釣り掲示板」に、昨日書き込まれた情報では、昨日の夕方ではまだ釣れていたようなんですがねぇ。
昨日の今日でこの状況ということは、湖南のコアユは、釣れる釣れないはくじ引き状態に突入したのかもしれませんねぇ。
引っ掛けの仕掛けは、竿3.6m(硬調子)、引っ掛け針5本で、錘はバス用のガン玉です。
諸子川から堂の川に向かって湖岸を歩き、コアユの集団を見つけたら引っ掛けるのですが、思っていたより集団がバラけています。仕掛けを入れても空振りが多いです。
やっとのことで1匹目ゲット!♪ ・・・ですが、バンバンというわけにはいきません。ともかく何回も空振りして、何とか次の1匹といった感じです。
堂の川に近付いたところで、少し大きな群れがいて、ポツリポツリと引っ掛けられるようになってきます。まれに2匹掛かることもありました。
堂の川に着いてからはUターンして、引っ掛けをしながら再び諸子川へ向かいます。途中何回もコアユの小集団に出会いますが、なかなか思ったように引っ掛けられず、諸子川に戻って来た時点で引っ掛けることができたコアユは40匹です。ここまでで約3時間かかってますから、時速13匹ですねぇ。

諸子川に戻ったところでトイレに行きたくなって、トイレに行った後はトイレ前の湖岸から少しだけ西へ向かって歩きながら湖岸のコアユを探します。
桟橋のすぐ近くにコアユの小集団がいたので、そこで仕掛けを入れてみると、意外と簡単に掛かってきました。先ほどまでだったら、たくさんコアユがいても、コアユの密度が低くなかなか針に掛かってくれませんでしたが、こちらは小集団とは言え、密度が高いせいか結構掛かり易いです。

こうなってくるとやっていてもおもしろいもので、もう1匹、、、もう1匹、、、となってきます。

だんだん疲れてきて、時間をみると15時前です。このポイントでは2時間弱引掛け釣りをやっていたことになります。カウンターを見ると102です。もう十分引っ掛け釣りを楽しんだことだし、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
本日は10時過ぎ頃から15時前まで竿を出していて、引っ掛けることができたコアユは全部で102匹でした。前半は時速13匹ほどでしたが、後半は時速31匹で、後半の追い上げが効いて何とか束釣りができました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報