2019年6月6日(木)
コアユ釣り(引掛け釣り)

晴れ一時曇り


今日も朝からお天気も良く、コアユ日和です。明日からの空模様はイマイチのようなので、昨日に引き続き今日もコアユの掛釣りに行くことにしました。お目当てのポイントは、昨日調子が良かった諸子川の西側の湖岸として、そのポイントがイマイチなら、吾妻川の西側を覗いてみようと思います。




諸子川
掛釣りの準備をして湖岸を覗いてみると、今日も湖岸にはコアユの集団が見えました。
仕掛けを投入して、間もなく本日の1匹目をゲットします。幸先の良いスタートです。
湖岸をウロウロ行ったり来たりして、2匹目・・3匹目・・と数を稼ぎます。
今日もそこそこ釣れる雰囲気の中、約1時間ほどしたところで集団の密度が低くなってきたせいか、あまり掛からなくなってきました。
そこへ釣り仲間のFさんが登場です。吾妻川で掛釣りをしていたようで、聞くところによると、このポイントより集団の密度が濃く、掛けるのに失敗してもあまり散らないとか・・・それならば吾妻川に移動してみることにします。
移動前に釣果を確認すると、約1時間ほどで33匹でした。いちおう時速30匹以上ということになります。
本日諸子川の河口部にはコアユ釣り師は誰もいませんでしたが、諸子川の西の方の湖岸でコアユ釣りをしている釣り人が1人おられました。その方の仕掛けの周りにはたくさんのコアユが集まってきているのが見えました。バンバンというほどではないですが、いちおう釣れているようです。サビキ仕掛けでコアユ釣りをするのなら、湖岸でやればまだ釣れるのだと思います。

吾妻川
吾妻川にやってきました。湖岸を歩いてみると、確かに諸子川よりコアユの数も多いです。掛釣り開始当初は釣れるペースが先ほどまでとあまり変わらないような気がしていましたが、諸子川よりウロウロせずにポツポツと掛けることができます。
ほとんど1匹ずつしか掛けられませんが、たまに一度で2匹掛かってくることがありました。
結構調子良く掛けられるようになってきたころ、正面からの風が少し強く吹き始め、ゴミが湖岸に押し寄せてきて釣り辛くなってきました。できるだけゴミのないところへ移動して、掛釣りを続けます。ともかく移動先には確実にコアユがいるので助かります。

しばらく続けているうちに、いつの間にかゴミが少なくなってきました。・・・が、、、今度は曇ってきて水中の様子がわかりにくくなってきました。これではコアユがどこにいるのかが良く見えません。
時々雲の隙間から日が差したときにコアユの位置を確かめて、チラチラと見えるコアユをめがけて仕掛けを走らせます。

時間を見るともう14時前です。昨日に引き続きの掛釣りで、さすがに疲れてきました。このまま続けるにしても曇っていてコアユが見えにくいし、自分的にはもう十分掛釣りを楽しめたし、本日のところはこれで納竿としました。

本日の釣果
諸子川で33匹。吾妻川で62匹で、本日の釣果は95匹でした。吾妻川では約1時間半掛釣りをしていましたので、吾妻川での時速は40匹ほどですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報