2019年6月23日(日)
コアユ釣り(引掛け釣り)

曇り


今日は初めてコアユの掛釣りをする釣り仲間(M.H.さん)と時間を決めて釣り場で待ち合わせ、一緒に掛釣りをする予定で出撃します。
待ち合わせ場所は吾妻川と水上警察横の桟橋の間の湖岸なのですが、わざと早めに家を出て、M.H.さんと合流する前にその他のポイントの偵察と、もう終わっているだろう湖南のコアユのサビキ釣りのポイントを覗いてみようと思います。





琵琶湖文化館
西側 東側
6月13日に吾妻川と水上警察横の桟橋の間の湖岸で掛釣りをしていた時は、東側のポイントでサビキ釣りをしている釣り人がいたのですが、さすがに今日はコアユ釣りをしている釣り人は1人もいません。竿を出しているのはバス釣りの釣り人です。

諸子川・堂の川
諸子川 堂の川
こちらのぽいんともバス釣りの釣り人ばかりでコアユ釣り師は誰もいません。コアユのサビキ釣りは完全に終了したのでしょうねぇ。湖岸に出てみると、ところどころに小鮎の集団を見ることができました。特に堂の川の河口部から西側と東側の湖岸では小鮎の集団がウロウロしていて、掛釣り可能な状況でした。

相模川(大津プリンスホテル前)
左岸 右岸
こちらのポイントでは、左岸で竿を出しているコアユ釣り師はいませんでしたが、右岸で竿を出しているコアユ釣り師がいました。近付いて声をかけて様子を伺うと、まだ釣れるようです。確かに仕掛けの周りにコアユがウロウロ集まって来ているのが見えました。如何に釣るかといった感じですが、コアユが仕掛けを完全無視してるようではないので、この状況の中でのサビキ釣りもおもしろいかもしれないですねぇ。

湖岸の小鮎はどうでしょう?小鮎の集団がいるにはいますが、堂の川近辺で見かけたほど集団の密度が濃くなく、掛釣りするのは少し難しそうな感じでした。

サンシャインビーチ
こちらは掛釣り専用のポイントです。ビーチの遠浅のポイントで1人掛釣りをしている釣り人がいました。このポイントはかなり水深が浅いポイントで、石畳のポイントではないので、仕掛けを取られる心配はほとんどありません。少し近付いてお話を聞かせてもらったところ、竿は4.5mでやっておられるとのことでした。仕掛けはほぼ私と同じ引っ掛け仕掛けで、錘はもう少し軽いのを使われているようです。
掛けられた瞬間を見ることはできませんでしたが、結構岸寄りにたくさんの小鮎が集まって来ているのが見えました。
時間を見てみると、そろそろM.H.さんと合流する時間です。竿を出して試し釣りをするには、時間的に無理がありますので、お話を伺った後待ち合わせのポイントに向かうことにします。

総門川〜船着き場の間と本日の釣果
待ち合わせポイントに着く前に、念のため総門川から東側の船着き場の間の湖岸を覗いてみると、こちらも密度の濃い小鮎の集団が見えました。ここなら初めての掛釣りでも、掛けられる確率がかなり高いと思われますので、もし待ち合わせのポイントが不調ならここへ来てみようと思いながら待ち合わせ場所へ行ってみると・・・・・
あらら・・・外来魚の駆除大会をやっているようで、桟橋のところから吾妻川までの間は釣り人がびっしりです!こんな状況の中では小鮎の掛釣りなんて危険なので無理があります。
どうしたものかと思いながら数分待ったところへ待ち人来たるです。合ってすぐにここでの掛釣りはできないので移動しようということで相談の結果、さきほど目を付けた「総門川から東側の船着き場の間の湖岸」へ行くことに決定して即移動です。

ポイントの写真は撮ったつもりでしたが、撮り忘れたようなので写真を省略させていただきます。

まず掛釣りの仕掛けを準備して、M.H.さんと一緒にポイントに入り、まずは小鮎の集団の見つけ方から始めて、見つけてからの掛ける動作を見てもらってから掛釣り開始です。
ただ、本日のいちばんの問題は、曇っていることです。私の場合ある程度慣れていますので、小鮎の集団を見つけることがわりと早くできるのですが、M.H.さんにはこれが辛いところです。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はバス釣り用のシンカー(735-3)。

密度の濃い集団が何カ所か辺りにいますので、簡単に掛かってきます。何匹か掛けて、時々M.H.さんに話しかけての釣りですが、ついに彼の竿にも小鮎が掛かってきました。やっぱり小鮎が見えないと難しいですが、見えると掛けられるようですねぇ。
結局11時過ぎ頃から12時までM.H.さんに付き合って掛釣りを楽しんだ後、釣果は彼に進呈して、私は納竿して先に帰りました。1時間弱で24匹の釣果ですから、もし晴れていてもっと水中の様子が良く見えたらもう少し釣れそうですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報