2019年12月12日(木)
チビバス釣り

曇り時々晴れ


今日も空き時間ができたので早めにお昼ご飯を食べてチビバス釣りに出撃です。お目当ての釣り場は、いつもの総門川です。前回はコアユの偵察に行ってからでしたが、今回はコアユの偵察をパスして、直でチビバス釣りです。


総門川
先客が誰もいないので、前回と同じところで竿を出すことにします。竿を出す前に水面の様子を見てみましたが、今日はバスの姿が見えませんねぇ。でもやっているうちに出てきてくれるだろうと期待して釣り準備にかかります。
竿:3.6mのべ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛けで、針は丸セイゴ10号1本針です。
餌:ワーム

少し上流をめがけて1投目を投入すると、仕掛けが着水してウキが馴染むまでにアタリです!
合わせを掛けると、しっかり針掛かりして1匹目ゲット♪
幸先良いスタートで、期待しながら2投目を投入すると即アタリで2匹目ゲット♪です。
この調子だったらかなり釣れるかも(^^♪・・・と思ったのがまずかったのかどうか、次から前回悩まされたバラシが始まります。針に掛かってもすぐに外れます(-_-;)・・・水中で外れるヤツ、抜き上げるときに外れてポチャンするヤツ・・・なかなか手元まで持って来れません。
おまけにアタリが遠のくし(-"-)・・・・・ワームを見切られたのかもしれないと思い、カラーの違ったワームをいろいろ試して、いちばんアタリの良く出るワームを探ります。

アタリの良く出るワームがどれかわかってからも、アタリ・・合わせ・・バラシ・・を繰り返しながら、たまぁ〜にポツリポツリと釣り上げて、時間を見ると既に2時間経過で、カウンターはまだ10匹です。
結構足元でもアタリが出ることがわかったので、ここで竿を2.1mに変更して手返しを早くするようにやってみます。
空振り、バラシは相変わらずですが、竿の上げ下げが速くなった分誘いをかけることが増えたせいかどうかアタリが増えます。
ウキが動いてから合わせをかけるタイミングをいろいろ変えてはみたものの、やっぱりバラシは収まりません。合わせを待ちすぎるとバスがワームを離して行ってしまいます。待っていて、中には向こう合わせで掛かっている場合もありますが、格段に良く釣れるようになるわけでもナシと言ったところですかねぇ。
結局3時間ほど釣りをしていて、釣れたバスは全部で21匹でした。竿を短いのに変えてからは11匹釣ったことになりますねぇ。次回からは短い竿で釣りをする方が良いのかなぁ。。。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報