2019年12月23日(月)
チビバス釣り&コアユ偵察

晴れ時々曇り


今日はお天気の方は大丈夫そうだし、釣りに出ることにして、総門川でチビバスに遊んでもらおうと思いますが、その前にコアユ釣りのポイントもちょっと覗いて来ようと思います。


盛越川
時期的にはかなり早すぎる盛越川のポイントです。水が澄んでいて水底までしっかり見えますが、水の中で動く生き物はなにも見えません。・・・って当たり前ですよねぇ。このポイントでコアユが釣れるのはやっぱり来年の春ですねぇ。

東レ排水口前
東レ排水口前のポイントは、早ければクリスマス頃にコアユが釣れる場合があると聞いています。今日は12月23日ですので、もしかしたらコアユが来ているかも・・・・・と思って、偏光サングラスをかけて排水口の吐き出し口をしばらく覗いてみましたが、残念ながらまだ来てないようです。
少し濁り気味でしたが、もしコアユが来ていたら、キラッとでも光るのですがねぇ。竿を出してみようという気も起らず、チビバス釣りに移動です。

総門川
総門川のいつものポイントにやって来ました。竿を出す前に水中の様子を見ていると、小さい魚がチラッと見えましたので、今日もここで竿を出すことにします。
竿:3.0mのべ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛けで、針は丸セイゴ10号1本針です。
餌:ワーム。

前回2.1mの竿でも釣れたのですが、竿が短いと広い範囲を探れませんから、今日は3.0mの竿を使うことにしました。

仕掛け投入一投目からアタリが出ますが、合わせを掛けて間なしにバラシです。
今日もバラシに悩まされそうと思いながら釣り続けて、やっと1匹目(チビバス)をゲットします!♪
その後もバラシの多い中、ポツリポツリと釣り上げることができて、たまに20cmくらいのが掛かってくれます。20cmくらいのになるとそこそこ引きも強いし小物釣り用の竿だと引きを楽しむことができます。

仕掛けを投入して、アタリがなかったら誘いをかけたり仕掛けを入れなおしたりするとすぐにアタリが出て、あまり待たされることがないので退屈することはありませんが、バラシが多いのが問題です。
1匹釣れるまでに何回もバラします。

結局2時間半ほど竿を出していたのですが、釣れたチビバスは全部で16匹でした。もしバラシなしで釣れていたら、このカウンターの数字もこの3倍も4倍も上がっているのになぁと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報