2020年2月13日(木)
コアユ偵察&チビバス釣り

曇り後晴れ


今日は早朝に強い雨が降りましたが、6時半頃には雨が上がって、その後天気は回復してきましたので、朝から用事を済ませて、早めのお昼ご飯を食べてから出撃です。本日の予定は、チビバス狙いで行ってみることにして、釣り場への道中にある、コアユ釣りのポイントを少しだけ覗いてみようと思います。


吾妻川
本湖側のポイント 道路側のポイント
湖南では東レ排水口前がいちばん早くからコアユが釣れるのですが、この吾妻川のポイントも早い時期にコアユが釣れるポイントです。さすが、まだ早いようで、釣り人は誰もいません。道路側は水が澄んでいて、小魚がいたら見える状態ですが、生体反応ナシ状態でした。

琵琶湖文化館(西・東)
琵琶湖文化館(西) 琵琶湖文化館(東)
吾妻川のすぐ隣の琵琶湖文化館のポイントです。ここで釣れるようになるのはまだ先ですからねぇ。やっぱりこのポイントも釣り人ゼロです。沖の方にカワウが2羽飛んでいましたが、沖の方にはコアユが来ているのでしょうかねぇ???・・だったら良いのですが・・・

総門川
吾妻川・琵琶湖文化館と2カ所のコアユポイントはバイクを停めて見てきましたが、この総門川までには、諸子川・堂の川のコアユポイントがあります。バイクで通過中にチラッとだけ見ましたが、いずれのポイントも釣り人はゼロでした。

総門川のポイントに到着しました。本日も前回と同じポイントで竿を出すことにします。
竿:3.0mのべ竿。
仕掛け:普通のウキ釣り仕掛けで、針は丸セイゴ10号1本針です。
餌:ワーム。

釣り準備を済ませて仕掛けを投入して2投目くらいにウキにアタリが出ますが、合わせを掛けても空振り。
その後も、頻繁ではないですが、結構アタリが出ます。
空振り・バラシを何回か繰り返して、やっと本日の1匹目ゲットです♪!
相変わらず小さいですねぇ。。。

ワームカラーの違ったのを何種類か用意しておいて、釣りをしているうちにアタリが遠のいたら別の色のワームに変えて釣り続け、釣れ具合と相談しながらワームを交換して釣り続けます。

空振り・バラシは相変わらず多いですが、飽きることなく楽しませてくれますから時間の経つのを忘れてしまいます。
気が付いたら釣りを始めてから3時間経過していました。このまま釣り続けていも釣れるとは思いますが、いちおう釣りを楽しませてもらえたので、本日のところはこれで納竿です。

釣れたチビバスは全部で28匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報