2020年6月4日(木)
コアユ釣り(引っ掛け釣り)

晴れ


大津の天気予報では晴れ時々曇り、風力0〜2mとなっていて、コアユの掛釣り日和です。・・・となると、出撃するしかありませんねぇ。
今日も早めのお昼ご飯を食べてから引っ掛け釣りの準備をして、バイクに乗って家を出発します。目指すポイントは、まずは吾妻川西側の湖岸で竿を出してみて、場合によってはまた総門川東側湖岸に移動しようと思います。


とt

吾妻川西側湖岸
吾妻川西側湖岸のポイントに到着して、引っ掛け釣りの準備をしてから湖岸に出ます。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はバス釣り用のシンカー(735-3)。

湖岸から水中の様子を見てみると、コアユの集団があちこちに見られます。
仕掛けを投入して、1・2・3でコアユの集団の中に仕掛けを走らせます。何回か空振りを繰り返して1匹目ゲットしますが、思っていたより型が小さいのがポツリポツリと掛かってきます。たまに少し大きい目が掛かるくらいでどちらかと言えば小さいのが多いです。

このポイントで2時間ほどやっていましたが、空振りも多く、小さいのが多く、掛からないことはないけれどといった感じでだんだんイヤになってきて、60匹釣れたところでポイント移動を決行です。

総門川東側湖岸
吾妻川西側湖岸から移動して、総門川と相模川の間の湖岸のポイントで竿を出します。

仕掛け等は先ほど吾妻川西側湖岸で使用していたものと同じです。
湖岸に出て水中の様子を見てみると、こちらのポイントは吾妻川西側湖岸より群れが大きいと感じました。
釣れてくるコアユも、どちらかと言えば吾妻川西側湖岸より型の良いのがポツポツ釣れて、時々連で釣れたり、最大3連ということも・・・

このポイントでは、1時間半ほどやりましたが、結構ポンポン釣れて、そこそこ数を稼ぐことができました。
吾妻川西側湖岸で60匹(1時間当たり30匹ペース)。総門川東側湖岸では60匹で吾妻川西側湖岸と数は同じですが、こちらでは1時間半での釣果ですから、1時間当たり40匹釣れていたことになりますねぇ。初めから総門川東側湖岸に来ていた方が短時間で数が稼げたかもしれないですね。
今日は吾妻川西側湖岸と総門川東側湖岸の2カ所のポイントで竿を出しましたが、今日の感じから想像すると、諸子川〜堂の川〜総門川の湖岸にも結構コアユの群れが石に付いているのかもしれないですねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報