2020年6月6日(土)
コアユ釣り(引っ掛け釣り)

曇り


今日の大津の天気予報では曇り、風力1〜2mとなっていて、コアユの掛釣りにはちょっとだけハンディがありますが、とりあえず出撃してみることにしました。
早めのお昼ご飯を食べてから釣りの準備をして、バイクに乗って家を出発します。目指すポイントは、総門川東側湖岸に絞り込んで竿を出そうと思います。


とt

総門川東側湖岸
ポイントに到着して、引っ掛け釣り準備を済ませてから湖岸に出ます。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はバス釣り用のシンカー(735-3)。

湖岸から水中の様子を見ますが、曇っているのでやっぱりアユが見つけにくいです。
目を凝らして見ているうちに少し慣れてきて、チラチラと見えるようになってきましたが、前回のようにしっかり見えません。チラッと見えても移動されると見失うことが多いですから、仕掛けを入れても空振りが多いです。時々薄日が差しますから、その時がチャンスです!
何十匹かの集団がチラッとでも見えたら、その近辺にたくさんコアユがいるのでしょうねぇ。チラッと見えた瞬間にその近辺に仕掛けを入れて走らせると掛かってくることが多いです。
時々水中を黒いかたまりのようなモノが動くのが見える場合もありますから、それを狙って仕掛けを入れたら、一度に2匹釣れてくれることもあります。
空振りを繰り返す中、ポツリポツリと小さいコアユが掛かってくれますが、たまには少し大きい目のコアユも掛かってきます。

14時頃に雲が厚くなったようで、水中の様子がほとんど見えなくなってきました。
適当に勘でやってみますが、さすがに勘だけでは無理がありますねぇ。釣りを始めてから約3時間経っていて、結構疲れてきたこともあり、本日のところはこれで納竿としました。
本日は約3時間ほど竿を出していて、掛けたコアユは全部で94匹でした。1時間当たり31匹ほど釣っていたことになりますねぇ。
帰りに道路側からバイクを走らせながら堂の川と諸子川を見てみると、何人かのコアユ釣り師が竿を出していました。琵琶湖文化館東側の道路側に知り合いの地元の常連さんが竿を出していたので、バイクを止めて様子を伺うと、一昨日このポイントで16時頃から入れ食いになったとのことです。
サビキ仕掛けの餌釣りは、もう終盤であまり釣れないのかなぁと思っていましたが、ポイントと時間が合えば爆釣もあるようです。但し釣れてくるコアユはかなり小さいのが多いそうです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報