2020年6月17日(水)
コアユ釣り(引っ掛け釣り)

晴れ


今日の大津市の天気は、晴れで風速0〜2mとなっていて、絶好の引掛け釣り日和です。前回同様早めのお昼ご飯を食べてから釣り準備をして家を出発します。
道中バイクを走らせながらコアユポイントをチラチラ見て行きますが、今日はどのポイントにもサビキ仕掛けの竿を出しているコアユ釣り師の姿は見られませんでした。



相模川(大津プリンスホテル前)
まず最初にやって来たのは相模川の石積みのポイントです。釣り人ゼロでポイントはガラガラに空いています。石積みのポイントをチラっと覗いてみると、コアユの小集団があちこちの石に付いているようです。とりあえずこの石積みで引っ掛け釣りスタートです。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はナス型1号。

ちょうど準備をしているところへ、前回ここへ来たときに私の引掛け釣りを見て、やってみようと思って来たという女性が1人声をかけてきました。引掛けは初めてなので教えてほしいと言われ、それじゃ一緒にやってみますか?ということで、アドバイスを与えながら引掛け釣りスタートです。
いちおう何回かお手本を見せてから別行動をとり、遠目でチラチラ見ながらの引掛け釣りです。
20匹ほど掛けた頃、彼女の方へ目をやると、仕掛けが石に挟まったようで四苦八苦してます。掛釣りを中断して近付いて手を貸しますが、ガッツリ引っかかっていて、仕掛けを切るしか手がなさそうです。
しかたなく仕掛けを切って、新しい仕掛けがあるか聞いてみると、持っているけど針だけだからこれから作るとのことで、釣果を聞いてみるとまだ1匹も掛かってないとのこと・・・
それならばということで、私の仕掛けを提供して続きスタートです。
再び元の位置に戻って釣り始めますが、ここの石積みのポイントは掛けたコアユが落ちたら石の間に入ってしまって拾い上げることができません。結構調子良く掛かるのですが、時々ポロっと落ちます。
結局2時間くらいやっていたでしょうか?42匹釣ったところで、落としても拾いやすいポイントに移動することに決定です。
移動前に彼女に聞いてみると、何匹かは掛けることができたようです。良かった良かった・・・

総門川東側湖岸
移動先は総門川東湖岸の石積みのポイントです。
ここなら掛かったコアユが落ちる前に、石積みの後ろへ落とすことができます。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はナス型1号。

今日は晴れていて水中のコアユが良く見えますから、前回より掛けやすいです。
相模川で釣れたコアユよりこちらのコアユの方が型も良いですねぇ。
湖岸をあっちウロウロ、こっちウロウロしながら、このポイントでも2時間ほど竿を出していたでしょうか?
引掛け釣りは動きっぱなしでじっとしていることがありませんから、結構疲れます。
このまま釣り続けていても釣れるのですが、もう十分楽しめたし疲れたし、本日のところはこれで納竿としました。結局最終釣果は96匹でした。
仕掛けの錘はこれまでバス釣り用のシンカー(735-3)を使っていましたが、今日は少し軽い目のナス型1号を使ってやってみました。いちおう特に問題なく使えました。

相模川で掛釣りをしている途中で、1人サビキ仕掛けの餌釣りの釣り人が竿を出して始められましたが、キビシイようでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報