2020年6月21日(日)
コアユ釣り(引っ掛け釣り)

晴れ時々曇り


今日はwhoさんが引掛け釣りに来るということで、釣り場で一緒することにして、いつもより更に早いお昼ご飯を済ませてから釣り場に向かいました。
吾妻川辺りまでバイクで来たところで、whoさんから諸子川にいるとの連絡が入って来たので、私も諸子川湖岸で竿を出すことにしました。



諸子川〜堂の川湖岸
既に湖岸でwhoさんが始められています。
バイクを近くに止めて、釣り準備を済ませて私も湖岸に出て引っ掛け釣りスタートです。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はナス型1号。

湖岸を諸子川から堂の川方面に向かって歩くと、アユの集団を発見です。
集団のすぐ先に仕掛けを入れて1・2・3でいきなり掛かって来たのはコアユというより鮎です♪!
寸法を計ったら18pありました。これくらいの大きさの鮎だと引きが強くて手ごたえを楽しめますねぇ。

湖岸をあっちウロウロ、こっちウロウロしてアユの集団を見つける度に仕掛けを入れて釣り上げます。

1時間チョイほど経った頃から太陽が雲に隠れることが多くなり、アユの集団が見つけにくくなってきました。
こうなると目を凝らして探さないと集団が見つけられません。もし見つけても集団が移動し始めるとすぐに見失ってしまって結構キビシイ状態となります。
雲の間から太陽が顔を出したときがチャンスで、何とかポツリポツリと数を伸ばしましたが、すぐに太陽が雲に隠れてしまってダメダメ状態となります。
ここでwhoさんが撤収されることになり、私もダメ元で別のポイントを移動することにしました。

結局、諸子川〜堂の川間の湖岸では、約2時間竿を出していて掛けたアユは39匹でした。

総門川〜相模川湖岸
次のポイントは、いつも良く行く総門川〜相模川間の湖岸です。

竿:3.6m(硬調子)。
掛け針は5本。約10cm間隔です。
錘はナス型1号。

相模川寄りから始めてみましたが、曇っていてアユが見えません。
大きい集団が近くにいると思われるときは、黒い塊のような影が水中をゆっくり移動して行くのが何とか見えますので、そこへ仕掛けを入れて釣り上げますが、これがまたやりにくく、掛けるのを失敗したら集団が分断されてすぐに見失ってしまいます。
そんな中、1匹だけ大きなアユが掛かってきました。
こちらのポイントへ来てからは、曇った状態のままで、たまぁに薄日が差すくらいでしたので、集団を探すのに時間がかかって、数を伸ばすことができず、1時間20分くらい竿を出していて、掛けたアユは11匹でした。
結局本日の釣果は、全部で50匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報