2021年6月24日(木)
コアユ釣り(引掛け釣り)

晴れ時々曇り


今日は朝から晴れていて、コアユの掛釣りの条件が整っているので、掛釣りに出撃します。
お目当ての釣りポイントは、総門川河口部近辺の湖岸です。





総門川近辺(東側)
ポイントに到着すると、河口部東側に先客が1人掛釣りをされていたので、釣況を伺うと、そこら中に鮎がうじゃうじゃいるとのことで、湖岸から水中の様子を・・・見るまでもないほど群れているのが見えました。
私も先客の方から、更に東側へ離れたところで竿を出すことに決定です。
竿:4.5m。
掛け針:5本。針の間隔は約10cm。
錘:ナス型2号。

鮎の群れから少し離れたところへ仕掛けを入れて、1・2・3で群れの中に仕掛けを走らせると、1投目から掛ってきました。
その後も、群れを見つけては同じ動作を繰り返します。
11時過ぎにお腹が空いてきたので、一旦竿を置いて、おにぎりを食べて少し休憩です。
約20〜30分くらい休憩してからトイレに行って、後半スタートです。

総門川近辺(西側)
後半の部は、総門川河口部より西側の湖岸を狙ってみることにします。
こちらの湖岸も、あまり移動しなくても、あちこちに鮎の群れが見られます。
時々空振りもありますが、仕掛けを入れると調子良く鮎が掛ってきて、連で掛ることもあります。
こちらでは少し大き目の鮎が掛ってきたので、メジャーで測って見ると15センチくらいありました。
お昼の休憩を外して、実釣時間で3時間ほどやった結果、掛けた鮎は全部で121匹。
このまま続けてやってもキリがないし、クーラーボックスの中もいっぱいになってきたので、本日のところはこれで終了しました。
今日は湖岸にあちこちで鮎の群れが見られ、掛釣りとは思えないペースで鮎が釣れました。
自分的には大満足状態で掛釣りを楽しませてもらうことが出来ました。
いつまでこの状態が続くのかわかりませんが、お天気予報を見ながら、また機会があれば掛釣りに出撃したいと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報