2022年5月22日(日) コアユ釣り

晴れ


今日も空き日なので出撃します。
目指すは安定して釣れるポイント、諸子川です。

8時頃に西川ニッカさんから諸子川より情報が入ってきて、5時半スタートで、47匹と、かなりキビシイ情報です。

私はいつもの時間に家を出発ですので、諸子川へは11時30分〜12時頃に到着予定ですから、その頃には釣況も改善してるだろうと期待して家を出ます。





諸子川
ほぼ予定通りの時間に現地到着です。既に河口部西側・東側カーブのポイントには何名かの先客が竿を出しておられます。
私はいつものように西側の河口部で竿を出すことにして、今日はマズマズ釣れるだろうポイントに空きがありましたので、そのポイントに釣り座を構えてスタートします。

釣りスタートは11時50分頃です。
竿:5.8m(天平硬中硬)。
仕掛け:コアユスペシャル(1セットアジ針1号4本)4セット連結して、中央部の連結部にラセンをセットします。
錘:ナス型1.5号。
撒餌:自作餌。

ラセンに撒餌をねじ込んで、仕掛けを投入して、しゃくって・・しゃくって・・ 餌が少なくなったら追加して、しゃくって・・しゃくって・・

2〜3回ほど撒餌を追加したら釣れるだろうと思ってしゃくり続けますが・・・
あらら・・何の音沙汰もなく、過ぎていくのは時間ばかりとなってしまいます(~_~;)

30分ほど粘りましたが、うんともすんともの状態が続いて、ふと湖岸の方を見ると、石積みに一人コアユ釣りをしている釣り人がいて、ポツポツ釣り上げておられるのが見えました。

石積み用の短い仕掛けも持ってきていたので、現在のポイントでの釣りは一旦中断して、石積みの方へ移動してみることにしました。
こちらは浅場なので、コアユがいたら見えますから、とりあえずコアユの集団が見えたところで釣りをします。
仕掛けは上2本、下6本のコアユスペシャルに変更して、竿が長すぎる分、湖岸より後ろに下がってやります。
釣り始めるとやっぱり見えていたコアユの集団がどこかへ散っていきますが、しばらく待ったら戻ってくるはずと信じて餌を打ち続けます。
・・・と、、、やっぱりコアユは戻って来てくれて、石積みのポイントで本日の1匹目をゲットします(^^♪
これで「ボ」は逃れられましたが、釣れるペースが超スローペースで、数を稼ぐなんて、とてもとてもの状況です(~_~;)
おまけに立ったままの釣りで、少し沖目に仕掛けを入れて、引き寄せる釣りですから、体力的にもキビシイので、20〜30分してこのポイントは諦めて、もとのポイントに戻ります。
仕掛けを元に戻して仕切り直しです・・が・・・
元のポイントが少しくらい回復してくれていたら良いのですが、現実はそれほど甘くはありません。
しゃくってもしゃくっても音無し状態がしばらく続いた後、やぁ〜っとしてから釣れました
(^-^;

やっとコアユが河口部に戻ってくれたか!と期待して釣り続けますが、今日は期待外れの連続で、釣れても次が長いこと長いこと・・・

時間を見ると13時。
カウンターを見ると、8匹。
うっそぉ!!!!!

この頃から少し風と波が少し強くなってきて、釣れるモードに入ってくれることを期待しますが、見事に期待を外された状態がこの後も続くことになってしまいます。

もうそろそろ・・・もうそろそろ・・・と思いながら粘り続けますが、ポツーリ・・ポツーリ・・がダラダラと続き、時間を見ると15時30分です。
思い向かい側(東側)を見ると、一人だけポツポツと釣り上げている方がおられて、とりあえず思い切って東側に移動してみることにしました。
移動してみると、一人だけポツポツと釣り上げている方は八咫烏さんでした。
ちょうどお隣に空きがあったので、八咫烏さんと談笑しながらの釣りです。
こちら(東側)は西側より少しマシかなぁ?なんて話ししながら釣り続けますが、急ブレーキがかかって超スローペースにペースダウンです。どうも今日の私はツキから見放されたようですねぇ。

時間を見ると16時チョイ前頃で、前回までなら結構数を稼いで疲れて納竿でしたが、今日は釣れなくてプチ移動して、釣れなくて疲れて納竿です(T_T)/~~~
本日は、前半の釣況から考えて、30匹も釣れないかもしれないと思っていましたが、最終的には52匹でした。釣れない中でも粘りに粘った結果でした。
納竿の少し前に西川ニッカさんも終了されましたが、釣果を聞いてみると、サビキと引っ掛けでやって、合わせて222匹(間違ってたらゴメンナサイ)とのことでした。聞くところによると、半分くらいは引っ掛けだとのことでした。さすがニッカさんですねぇ(^_-)-☆

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報