2022年5月24日(火)
コアユ釣り(引掛け釣り)

晴れ


前回諸子川でサビキ仕掛けでコアユ釣りして撃沈して、本日は気分転換に引っ掛け釣りをやってみることにします。
時期的には1週間くらい早い感じですが、石積みに小鮎が集まって来ているし、型は小さいかもしれませんが、引っ掛け釣りが出来ないわけでもないし、やってみようと決心しました。

正直サビキ仕掛けのコアユ釣りもしたいので、サビキ仕掛けも引っ掛け仕掛けも持って行けば良いのかもしれませんが、現地で変に迷うことがないように、サビキ仕掛けは家に置いて、引っ掛け仕掛けだけ持参で出撃です。

自分の体力的なこととか、石積みの足場にちゃんと対応出来るのか?等々・・しっかり見定めたいというのが本日の目的としようと思います。
今日は釣果のことは考えず、引っ掛け釣りを楽しめたらそれでヨシとしましょう(^_-)-☆





総門川近辺
選択した釣り場は、総門川近辺として、堂の川⇔総門川⇔遊覧船船着場辺りをウロウロ行ったり来たりして釣りをしたいと思います。

湖岸に出てみると、既にWhoさんが竿を振っておられます。今日はサビキ仕掛けで隣同士の釣りではないので、Whoさんと私、それぞれ別行動となります。

湖岸の石積みには、思っていた以上に小鮎の集団が散見できます。早速仕掛けを出して引っ掛け釣りをスタートします。釣りスタートは、11時30分頃です。
竿:4.5m。
掛け針:5本。針の間隔は約10cm。
錘:ナス型1.5号。

群れから少し離れたところへ仕掛けを投入して、1・・2・・3・・で群れの中を走らせますが、やっぱり的(鮎)が小さいので空振りです。
でも思っていたより群れがすぐに散ってしまわないので、何回か繰り返しているうちに本日の1匹目をゲットです(^^♪

この後も群れを見つけては仕掛けを入れるのですが、ともかく空振りが多く、思ったように掛けられません。

まっ、今日は掛釣りをゆっくり楽しめたらそれで良いので・・・と思い直しますが、釣り続けているうちにだんだん熱くなってしまいますねぇ(^-^;

ゆったりしてみたり、イライラしてみたり・・と、心揺れながら釣り続けて、途中でWhoさんが撤収されてからふと時間を見ると15時です。
湖岸の石積みの足場の悪いところを、行ったり来たりと歩いているとさすがに疲れてきました。
結局15時30分まで続けましたが、いちおう掛釣りを楽しむことが出来たし、本日のところはこれで納竿としました。
11時30分〜15時30分まで、4時間ほどかけて、釣れた小鮎は全部で55匹でした。1時間辺り10匹強釣れたことになりますが、引っ掛けが本格化する頃には、もうちょっと釣果が上がるようになるのでしょうか?
納竿した時間が少し早めだったので、帰りがけに吾妻川近辺の湖岸の様子も見てこようと思い、ちょっと寄り道します。

浜大津水上警察横桟橋近辺
桟橋から吾妻川まで歩いて湖岸の石積みの様子を伺ってきましたが、小鮎の群れは全く見つけ出すことが出来ませんでした。毎年この湖岸ではそこそこ型の良いのが掛けられるのですが、こんなに何もいないというのはこれまでにないことです。どうなっているのでしょうねぇ。

桟橋のすぐ横で、サビキ仕掛けでコアユ釣りをしている釣り人が2人(写真上)いました。
しばらく様子を見ていると、柵のあるところで竿を出している釣り人の仕掛けに、パタパタとコアユが掛かって来ていました。

さて、次回出撃はいつになるかわかりませんが、次も楽しんで釣りがしたいなぁと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報