2022年5月29日(日)
コアユ釣り(引掛け釣り)

晴れ


前回は今年初の引っ掛け釣りで、掛けたコアユは4時間ほどで55匹でした。
本当は昨日出撃予定でしたのですが、私事で急遽出撃を中止して、本日出撃しました。

今日も引っ掛けに専念して楽しむことにしたいと思います。

バイクに荷物を積んで、家を出発し、寄り道せずにまっすぐ釣り場に向かいます。





総門川近辺
今日は少し出発時間がいつもより遅かったので、釣り場に到着したのは12時チョイ前です。

やっぱり日曜日だけのことはあって、既に先客が何人も湖岸で竿をだしておられます。
私と同じ小鮎の掛釣りをしている釣り人も一人見えます。

バイクから釣道具を出して湖岸に出てみると、前回より少し小鮎の群れが少ないような気がします。

でもとりあえず掛釣りをスタートするのに、湖岸の群れを探しますが、掛けられそうな集団が見つかりません。こうなったら極小集団でも仕掛けを入れてみるしかなさそうです。

釣りスタートは12時頃です。
西側で本日の1匹目 相模川近くで本日初めての一度だけの連
竿:4.5m。
掛け針:5本。針の間隔は約10cm。
錘:ナス型1.5号。

最初は堂の川方面を目指して湖岸を歩きますと、所々に小鮎の中程度の集団が散見できますが、他の釣り人の邪魔にならないよう気をつけながらの釣りとなって、なかなか思ったところに仕掛けを入れることが難しく、他の釣り人にどれくらい近付いたか?とか、釣り人のラインに絡まないか?とか気にしながらの釣りとなり、掛釣りだけに集中するのが結構難しい状況です。
そんな中、本日の1匹目ゲットです(^^♪

大きい集団を見つけることもありますが、そこへ安全に仕掛けを入れられるかどうかはその時の周りの状況次第となって、何とも歯がゆい釣りですねぇ。

集団を見つけてポイントに仕掛けを入れるときに、出来るだけ散らないように気をつけますが、1〜2匹掛けたらやっぱり散って行きますからねぇ(~_~;)

堂の川から総門川に戻って、東側(プリンス方面)の湖岸を見てみると、釣り人が少なく、空きポイントも多そうなので、今度は東側を歩いてみましたが・・・・・
釣り人が少なくて掛釣りがやりやすい環境にあるのですが、肝心の鮎の集団がどこにも見えません。
ともかく遊覧船の船着場まで行きましたが、鮎を見ることなく、更に東へ行ってみると、もうすぐそこがプリンス前の相模川というところで中程度の集団を発見!(^^)!
狭い範囲でしたが、出来るだけ散らないように、湖岸から離れて仕掛けをそっと入れてやります。
ありがたいことに、散っていく鮎の集団は横に走ってくれましたので、あっち行ったりこっち行ったりを繰り返して掛釣りができます。それだけでなく、このポイントで掛かる鮎は、意外と型が良かったです。

この都合の良い状態が延々と続くわけがなく、しばらくやってるとついに鮎が見えにくくなり、極小集団となり掛けるのは困難となってしまいました。

時間を見ると15時30分。結構疲れてきたので元来た湖岸を歩いて総門川まで戻り、総門川近辺で1〜2匹掛けてから納竿としました。
本日は、12時頃から16時頃まで竿を出していて、掛けた鮎は全部で48匹でした。
今日は気温も高くて、湖岸をウロウロしてると汗が出てきて、結構疲れました。
次回出撃はいつになるかわかりませんが、やっぱりサビキ釣りにも未練があるし、サビキと引っ掛けと2刀流で出撃するかどうか?ですねー

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報