2018年10月3日(水)
宇治川水系某所で小物釣り

晴れ

朝から晴れていますが、明日からの天気予報では日曜日まで傘マークが付いてます。今日は朝一番に散髪に行って、帰って来てから早めのお昼ご飯を家で食べてから出撃することにします。出撃先は、前回不調だったのですが、やっぱり気になる宇治川水系某所です。




宇治川水系某所
釣り場に到着してみると、先客が数名おられて、いつも私が竿を出すポイントにも一人おられますのでいつものポイントにできるだけ近くの、十数メートル上流で竿を出すことにします。
竿:2.4mのべ竿。
仕掛け:ウキ釣りの新仕掛け
針:キツネ針(0.8号・金)1本針。
餌:赤虫。
針の上部に極小ラセン。
撒餌:赤ベラ+サナギ粉+小麦粉のダンゴ。

仕掛けを投入して、少し誘いをかけて・・・といつものように仕掛けを出し入れして様子を見ていると、3投目くらいからウキにアタリが現れます。
すかさず合わせを掛けますが、空振りです。空振りばかりの中、やぁ〜〜っとして上がって来たのはハエジャコです。
仕掛けを入れると、撒餌がバラケて、小魚が浮いてくるのが見え、アタリもあるのですが、針に掛かって来ません。どうやら仕掛けの周りに集まって来ている小魚はハエジャコのようですねぇ。

アタリがあるものですから止めるに止められず、1時間くらい粘ったところでアタリが止まりました。よぉ〜っく見てみると何か大きな魚影が見えます。30〜35cmくらいのバスが数匹来ているようです。この状況でこのポイントで粘る気になれず、ここは諦めてプチ移動することにします。
数十メートル上流で数人竿を出されていたのですが、フナが釣れないとかでみなさん帰られ、最後のお1人も釣り具を仕舞われていて、その方が「この正面だったらモロコとか○○○が釣れると思うし、ここで竿を出したら良いし。」と言われ、お言葉に甘えて竿を出すことにします。仕掛けを入れるが早いかアタリがあってタモロコゲットです。
それから後は、入れアタリで、合わせを掛けて空振りもありますが、ともかく良く釣れます。タモロコの後はモツゴ(クチボソ)が釣れて・・・○○○の♀が釣れて・・・
仕掛けを入れたらすぐにアタリ・・・アタリがなかった場合、少し誘いをかけたらアタリ・・・という状況がずっと続いて、空振りや餌を取られることもよくありますが結構釣れてくれます。
キレイな○○○の♂も掛かってきて楽しませてくれる中、ついに餌切れとなり納竿です。
今日は最初にハエジャコが釣れて、プチ移動してからタモロコ、モツゴ、○○○で、小鮒、鯉っ子は全く釣れず、ほとんどが○○○でした。プチ移動してから、餌がなくなるまで約2時間ほど竿を出していました。
本日の小物釣りの釣果は、全部で63匹。まだまだ釣れる感じでしたが、十分楽しむことができて、大満足で帰りました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報