2018年10月16日(火)
宇治川水系某所で小物釣り

曇り

前回から日が空きましたが、今日は出撃可となりましたので出撃します。行き先はやっぱり自宅から近い宇治川水系某所です。いつものように早めのお昼ご飯を済ませてから出発です。




宇治川水系某所
釣り場に到着してみると先客が3人来ておられます。今日は珍しく3人とも対岸で竿を出しておられます。
とりあえず前回好調だったポイントを見に行きましたが、釣れそうな気配が全然ありません。偏光メガネをかけて水中の様子を見ましたが、小魚が全く見えない・・・(~_~;)
チラッとでも見えたら竿を出してみようと思うのですが、こう見えないとねぇ・・・・・

小魚の影を求めて、少し下流に歩いて行くと、水中にチラッと姿を見せてくれたポイントがあり、とりあえずそのポイントで竿を出してみることにします。
竿:2.4mのべ竿。
仕掛け:ウキ釣りの新仕掛け
針:キツネ針(0.8号・金)1本針。
餌:赤虫。
針の上部に極小ラセン。
撒餌:赤ベラ+サナギ粉+小麦粉のダンゴ。

仕掛けを投入して、少し誘いをかけて・・・といつものように仕掛けを出し入れして様子を見ていると、4〜5投目くらいにやっとアタリが見えましたが、合わせをかけると空振りです。いるにはいるようなのでここでしばらく粘ってみることにしますが、釣れませんねぇ、、、、、、、
アタリは3回ほどあったのですが、バラシが1回あって、その後アタリがピタリと止まってしまいました。このままここでやっていてもダメなのかなぁと思い、プチ移動してみる気になったとき、嬉しいことに小魚の集団が仕掛けの近くに来るのが見えました!♪
撒餌効果が現れたのかどうか、最初の1匹目は小鮒です。
その後は入れアタリ状態となり、空振りも多いですが、小魚も調子良く掛かってきます。小鮒が釣れる中、モツゴや子鯉も釣れます。
今日は○○○が釣れないなぁと思っていたところに、○○○の♀が釣れて♂も釣れました。
ともかく仕掛けを入れたらウキが馴染むまでにアタリがあって、空振りも多いですが良く釣れます。水中の小魚の集団も見えるしで、ちょっと釣れ過ぎだなぁと思っていたところに、大きなバスが数匹やって来て小魚を追い始めました。
そして、バスがどこかへ行ってからも釣れ続きますが、1時間半くらい経ったでしょうか?アタリがピタリと止まりました。あれだけ見えていた小魚の集団も全く見えなくなり、ちょっと立ち上がって高いところから水中を見ると、来たときより更に水中の様子が良く見えるようになっていました。
仕掛けを入れていたポイントもしっかり底の様子が見えましたが、そのポイントには魚がいないのも良く見えます。魚がいないのですからねぇ、、、アタリがないのは当たり前ですねぇ。
少し上流へプチ移動してみると、小魚の集団を発見しました。もちろんその近辺で釣り座を構えて釣り開始です。集団の少し上流部で撒餌をしながらの釣りですから、2〜3投目くらいからは入れアタリです。
仕掛けを入れたらすぐアタリですから、ウキが馴染むまでにガンガン当たってきます。
合わせを掛けても空振りが多いですが、ともかく合わせを掛けてみるしかありません。
空振りを繰り返していても、合わせを掛けているうちに釣れることもありますからねぇ。

こんな状態が続いて、このポイントでも1時間半近く楽しんだところで、少しアタリが遠のきました。
小魚の群れはいつのまにやら移動して行ったようです。
このまま釣り続けてもまだアタリはあったのですが、もう十分釣りを楽しめたことなので、本日のところはこれで納竿です。

結局、釣れた小魚は、全部で77匹です。本日はほとんど小鮒で、○○○は3匹だけでした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報