2018年12月13日(木)
宇治川水系某所で小物釣り

晴れ時々曇り

今日のお天気予報では傘マークナシで雨の心配はなさそうですが、最低気温が3℃で最高気温は10℃とのことで、寒そうですねぇ。前回より更に防寒対策をしっかりして出撃です。行き先はいつもの宇治川水系某所です。




宇治川水系某所
釣り場に到着して、小魚の群れ探しから始めますが、今日は群れというほど見えず、あちらにパラパラ、こちらにパラパラといった感じに、結構広い範囲にばらけているようです。少しでも集団の大きいポイントと思いますが、水辺に近付いたら集団が散ってしまいます。結局前回と同じポイントで竿を出すことにしました。
釣り準備ができて、イスに座って落ち着いたところでこれから仕掛けを入れるポイントを見てみると、あらら・・・小魚が全く見えません。でもしばらく餌打ちしたら寄って来てくれるだろうと期待して釣りスタートです。

竿:2.4mのべ竿。
仕掛け:ウキ釣りの新仕掛け
針:キツネ0.8号(金針)1本針。
餌:赤虫。→釣り後半は、黄身ねリ。
針の上部に極小ラセン。
撒餌:赤ベラ+サナギ粉+小麦粉のダンゴ。

仕掛けを投入して、アタリがあろうがなかろうが、しばらくは頻繁に打ち返して撒餌を繰り返します。
これを何回も繰り返しているうちに小さなアタリが出て、すかさず合わせを掛けますが空振りです。これで魚が寄って来てくれたらありがたいところですが、次のアタリがありません。今日はなかなかキビシイです。
やっとしてから次のアタリが出て、合わせを掛けると小鮒が上がって来ました。その後もアタリは遠く、前回みたいに入れアタリというわけにはいきません。なかなかアタリが出ないところへ、せっかくアタリが出ても空振りが多く、思ったように釣れない中、○○○の♀が掛かってきました。

どうやら冷え込んで魚の動きが悪いのかもしれませんねぇ。
今日は黄身ねリを持参していますので、餌を赤虫から黄身ねリに変更です。赤虫のときよりアタリが出るようになりましたが、合わせても空振りが多く、合わせを掛ける度に餌がなくなるものですから餌付けが大変です。・・・で、、赤虫に戻したら、やっぱりアタリがほとんど出ません。仕方なく黄身ねリでやることにして、釣り続けます。
アタリは出るものの、かなり微妙なアタリで、ウキが僅かに動く程度です。そんなシブイアタリを合わせながらの釣りもやっているうちにだんだんおもしろくなって来て、前回みたいに調子良く釣れないのですがなかなかイヤになってきません。

釣りを始めてから2時間ほど経ったところで、アタリがピタリと止んでしまって、それでも粘り続けましたが釣れそうにありません。時々チラチラ小魚が姿を見せてはくれるのですが、ウキは全く動く様子なく、30分ほど粘ってついに降参して納竿としました。
結局、2時間30分釣りをして、釣れた小魚は全部で13匹で、○○○は1匹だけで、後は全部小鮒でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報