2018年12月18日(火)
宇治川水系某所で小物釣り

曇り時々晴れ

今日も寒いですが気温は前回釣行したときよりは2℃ほど高目なので少しはマシか・・・?・・・ですが、やっぱり寒いので、しっかり防寒対策をして出撃します。本日の釣行先もいつもと同じく宇治川水系某所です。




宇治川水系某所
釣り場に到着してから竿を出すポイント探しであちこちをウロウロしてみましたところ、前回来たときより更に広範囲に小魚がバラケていて、藻が生えている近辺に数匹の小魚がいるようです。とりあえず、うんと下流部のポイントから攻めてみることにします。
竿:2.4mのべ竿。
仕掛け:ウキ釣りの新仕掛け
針:キツネ0.8号(金針)1本針。
餌:赤虫。
針の上部に極小ラセン。
撒餌:赤ベラ+サナギ粉+小麦粉のダンゴ。

仕掛けの出し入れを頻繁にして、撒餌効果が出るのを待ちますが、なかなかアタリが出ません・・というか、仕掛けの近辺を小魚が避けているような感じです。このポイントは、水底で小魚がヒラを打っているのが見えますが、生えている藻が少なく、魚が警戒してしまって、仕掛けの近辺には寄って来ないようです。そんな中、やぁ〜〜っとしてウキにアタリが出て、すかさず合わせを掛けると本日の1匹目(タモロコ)ゲットです!♪
これで小魚が仕掛けの周りに寄ってきたら釣れるのですが、この1匹を釣った後も仕掛けの周りに魚が寄って来ません。30分くらい粘ってみましたが、たまにアタリがあっても空振りばかりで釣れそうにありません。
一旦釣り道具をまとめて、竿を持ってもっと藻の生えているポイントに移動することにします。
先ほどのポイントより数百メートル上流へ移動して、藻がたくさん生えているところにやって来ました。前回(12月13日)竿を出していたポイントの10mほど下流部の藻の隙間狙いでやってみることにします。
竿、仕掛け等は先ほどと全く同じです。ここは先ほどのポイントより少しだけ深いですが、藻と藻の隙間に魚がいたらいちおう見えるのですが、ホントに魚がいるんかいなといった感じです。
藻の際に仕掛けを入れて、ウキが馴染む頃にはエサが藻の間に入るようにします。3〜4投目くらいにアタリが出て、合わせを掛けると小鮒が上がってきました。魚は見えないけれど、藻の中に入って隠れているのでしょうか?・・・
しばらくしてからアタリが出て、今度は○○○の♀です。初めからここへ来ていたら良かったかなぁと思いながら釣り続けますが、前回同様かなり食いが渋いです。次の1匹がなかなか釣れず、アタリもなくなってしまいました。
ここで赤虫は諦めて、餌を黄身ねリに変更します。やっぱり餌なんでしょうかねぇ・・・?赤虫のときよりはアタリが出るようになってきました。・・・が、、、アタリがあって次のアタリまでの間隔が長いのに空振りが結構あって(T_T)/~~~ 釣れないことはないですが、1匹釣れたら次までが長いです。
黄身ねリを使っての釣りは、餌持ちが悪くやりにくいですが、アタリが小さくてウキの動きに神経を集中しての釣りですから、それなりのおもしろさがあって、あまり釣れなくても時間が経つのが早いもので、気が付いたら釣りスタートから2時間半経っていました。もう少し粘っても良かったのかもしれませんが、いちおう前回と同じくらいの時間竿を出していたことだし、今日のところはこれで納竿としました。
本日の釣果は、小鮒10匹、タモロコ3匹、○○○の♀1匹で、合計14匹でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報