2019年1月6日(日)
湖南某所でコアユ釣り「ボ」

曇り時々小雨

年が明けて初釣行です。目指すは昨年12月27日にシーズン初コアユが釣れたポイントです。
前回釣れた時より気温も低いし、今日はどうかなぁと思いながら家を出発して、どこにも立ち寄らず目的の釣り場に向かってバイクを走らせます。



湖南某所
今日は日曜日なので、もしかしたら誰か先客がおられて、ポイントが塞がっているかなぁと思いながら釣り場に到着しますが、先客はいなく、釣り人ゼロでポイント貸し切り状態です。
竿を出す前に偏光サングラスをかけて水面の様子をしばらく見ていると、今日も小魚の姿がチラッと見えました。「今日も釣れそう♪・・・」と思いながら期待をして釣りの準備にかかります。
仕掛け:コアユスペシャルアジ針(1号・1セット4本針)、4セット連結。
竿は前回と同じで、4.5mを使用します。
小魚の集団が見えるということは、前回同様撒餌ナシでも行けそうなので、今日も撒餌ナシで釣りスタートです。

ソロリと仕掛けを投入して、ゆったりとした速さで竿を上下させて、小魚の集団の中に仕掛けが通るよう竿を操作します。

しゃくりかたは、できるだけゆっくりと、時には大きく、時には小さくしゃくって誘いを掛けますが、今日は針に小魚が飛びついて来ません。仕掛けは確実に集団の中に入っているのですがねぇ・・・

やぁ〜〜っとして1匹目が仕掛けに飛びついてくるのが見えましたが、プルプルと手ごたえを感じてすぐにバラシです(T_T)/~~~
いちおう魚にやる気がありそうなので、そのまま粘り続けますが、その次がなかなか掛かってくれません。
・・・で、、またまたやぁ〜〜っとして竿を持つ手に手ごたえが、、、ですが、今度はハエジャコでした。とりあえず釣り上げて即リリースです(写真撮り忘れました)。

その後は、しゃくってもしゃくっても全く音沙汰ナシで、だんだん釣れる気がしなくなってきて、雲が厚くなってきて水中の様子が見えなくなってしまいました。
もう止めようかなぁと思い始めたときに、少し明るくなって水中の様子が見えて、小魚の集団が見えました。小魚はまだいるようなので、ともかくそのまま粘り続けますが釣れません・・・

粘って・・粘って・・粘り続けますが、やっぱり釣れません。
それならば・・仕掛けをアジ針から袖針版に変更してみることに・・します・・が、、、ダメですねぇ。。。
小魚の集団は確実にいて、その集団の中に仕掛けが確実に入っているのですが、肝心の魚が釣れません。

このポイントに来て、最初の方で少し期待させてもらって、その後は、魚が見えていながらダメダメ状態が延々と続き、約2時間30分粘っていましたがついにギブアップして納竿としました。

今日は前回より寒かったのと、太陽が雲に隠れてしまっていたのが良くなかったのかもしれないですねぇ。それにしても、こんな不調の中、我ながら2時間半もよく粘れたものです(-_-;)
次はもうちょっと気温が高くて、しっかり晴れてくれそうな日を選んで出撃しましょうかねぇ。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報