映画 「インクレディブル・ファミリー」

2018年8月3日(金)


今日は久しぶりに家内と二人で映画鑑賞です。お目当ての映画は、家内も私も好きなディズニー映画で、「インクレディブル・ファミリー」です。TOHOシネマズ二条12時ちょうど開映のを観に行きます。映画が終わってから京都駅に立ち寄って買物を予定していますので、いつもと違ったルートで映画館に向かいます。

竹田駅 二条駅からBiViへ(地下道)
最寄りのバス停からバスに乗って竹田駅まで行って、竹田駅から地下鉄烏丸線で烏丸御池まで行き、地下鉄東西線に乗り換えて二条駅で降車します。電車を降りてからは、地下道を通って映画館のある建物(BiVi)へ向かいます。
10時40分頃にBiViに到着し、4階のシアター前の自動券売機でチケットを購入して鑑賞席を確保します。
チケット購入後、一旦BiViから出て、少し早めのお昼ご飯を、近くのくら寿司で済ませます。
ゆっくりと食事を済ませた後、再びBiViに戻って来て4階に上がり、トイレを済ませてからシアターへ入場です。本日の上映シアターは、通路左側いちばん奥のスクリーン6番です。
映画のあらすじ
悪と戦って人々を守ってきたヒーローたちだが、彼らが持つ驚異的なパワーに非難の声が上がり、法律でヒーローの活動を禁じられていた。
そんなある日、かつてのヒーロー界のスターだったボブとその家族のもとに、ヒーロー復活をかけたミッションが舞い込んできた。
そのミッションを任されたのはボブではなく、なななんと!妻のヘレンだった!
ヘレンの留守を預かることになってしまったボブは、普段慣れない家事や育児で悪戦苦闘の毎日を送ることになる。しかもそんな中、赤ちゃんのジャック・ジャックの驚きのスーパーパワーが覚醒する。。。
一方、ミッション遂行中のヘレンは、ある事件に遭遇する。その事件は世界を恐怖に陥れる陰謀が絡んでいた。そしてヘレンにも危機が訪れ、それを救いに行ったボブや仲間のヒーローたちも巻き込まれ、危険が迫ってくる・・・・・


この手の映画は結構派手なアクションもあって、結構楽しめます。そしてやっぱりディズニー映画ですねぇ。どんなに激しい戦いがあっても血みどろの悲惨な場面はないし、殺したり殺されたりの場面もありません。親子で安心して楽しく観られます。・・・と言っても、私たちは親子ではなく夫婦で楽しんできましたが(^-^)

家内も私も元々ディズニー大好き派ですからねぇ。ディズニー映画を観ていると、いつも心が落ち着き癒されます。
映画を観終えてからは、今度はJR二条駅から京都駅へ行き、予定通り買物を済ませた後、京都駅から地下鉄烏丸線で竹田駅に戻って、バスに乗って帰宅しました。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報