映画 「七つの会議」

2019年2月12日(火)


今月に入って5回目の映画鑑賞で、今日は単独で映画鑑賞です。お目当ての映画は、MOVIX京都、9時開映の映画「七つの会議」です。

朝早い回のを観に行くので、学校に行く孫達より少し早く家を出て、いつもの小野駅から地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。通勤時間帯で、電車に乗っている人も多かったです。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りて改札を出て少し行ったところから急に人が減ります。ゼスト御池(河原町広場)から河原町通りへといつもの道を歩いて映画館に向かいます。
映画館には開映35分ほど前に到着しましたが、映画館が開くのは8時30分なので、シャッターが開くのを待ってから入館します。
自動券売機でチケットを発券してから長いすに腰掛けて、スマホをいじって時間潰し、、、
開映15分ほど前にシアター前のトイレへ行ってからしばらく待って入場案内を聞いてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館2階のシアター3番です。
映画のあらすじ
都内にある中堅メーカーの東京建電。絶対的存在といわれる営業部長の北川のもとで営業会議が開かれる。
坂戸課長率いる営業1課はいつも成績優秀であったが、原島が課長を務める営業2課は業績も扱いも社内では悪い立場にあった。
そんな中、この会議中に居眠りをする営業1課の万年係長:八角がいた。
八角は最低限のノルマしかこなさず、会議も出席するだけのぐうたら社員で、坂戸からいつも叱りつけられており、その叱り方もだんだんエスカレートしていく。
そんなある日、坂戸はついに八角からパワハラで訴えられる。業績優秀の坂戸に対してぐうたら社員の八角では、問題にもならないと思われていたが、坂戸は人事部から強制異動を命じられ、その後任には原島が命じられることに・・・
後任の原島が1課長となったあと、八角は坂戸がコスト削減のために新しくネジの発注先として契約したトーメイテックという下請けを、以前契約していたねじ六に戻した。
コストが増えてしまうので、普通であればありえない決断をした原島は、経理課の新田に癒着を疑われる。しかし、探りを入れようとした新田は、大阪への転勤を命じられてしまった。
この動きに疑問を持った原島は、八角の過去を調べてみると、以前の八角は優秀なSクラスの営業マンであったが、ある時から最低のEクラスの社員に転落していることを知る・・・


上司からの叱責受けた社員がパワハラで訴えて・・・
その裏に隠れている謎を追及しているうちにだんだん事が大きくなって、企業の不正やリコール隠しに発展し、しまいに大企業の存続にかかわるような大事件になっていきます。これって、現代社会の現実によく似ていますね・・・というかそのもののような気がしました。組織の表の顔と裏の顔を見せられます。働くことの正義とは何か?そして守るべき信念とは???
結局何故こうなっていったのか、その原因はどこにあるのか、人それぞれ考え方があるので、これぞという答えは見つからないと思いますが、根本的な原因を問われる物語だと思いました。
映画を観終えて映画館を出てきたのは11時過ぎです。今日のお昼の食事は、三条と四条間の河原町通りにあるサイゼリヤです。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報