映画 「キャプテン・マーベル」

2019年3月18日(月)


今日も単独で映画鑑賞です。お目当ての映画は、MOVIX京都、10時50分開映の映画「キャプテン・マーベル」です。

今日は映画&買物を予定してますので、バイクに乗って早めに家を出発し、醍醐のアルプラ横の駐輪場にバイクを置いて、醍醐駅から地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてからは、いつものようにゼスト御池(河原町広場)を通って地上に上がり、河原町通り→三条名店街→新京極へと歩きます。
映画館には、9時45分頃に到着して、まず自動券売機でチケットを発券し、鑑賞席を確保します。その後、新しく公開される映画のチラシをもらってから一旦映画館を出ます。
映画の開映までの空き時間に、かなり早めのお昼ご飯をすき家さんで済ませ、あまり荷物にならない買物を先に済ませます。
↓↓↓ 画像をクリックすると拡大画像が見られます ↓↓↓
買物の後、すぐに映画館に戻るには時間が早すぎますので、時間潰しに本能寺の境内に立ち寄ってから映画館に戻ることにしました。
開映十数分前に映画館に戻ってきて、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館2階のシアター3番です。
映画のあらすじ
1995年のある日、彼女は空から降って来た。
彼女は驚異的なチカラを持ち、名前は、キャプテン・マーベル。家族のことや友人・・・全ての記憶を失っていて、その断片的な記憶が彼女を悩ませていた。
その記憶に隠された秘密を狙う正体不明の敵がいた。その敵は周りの何にでも擬態できる能力があり、彼女に近付き襲ってくる。
・・・・・キャプテン・マーベルは、後に最強ヒーローチーム“アベンジャーズ”を結成することとなる若き日のニック・フューリーとともに、自らの記憶をめぐる戦いに立ち向かい、彼女の記憶に隠された秘密が明らかになるとき、衝撃の真実が・・・・・


MOVIX京都、シアター3は大画面スクリーンを備えた大きなシアターなので、画面が大きくてスゴイ迫力を感じることができます。
そして、このキャプテン・マーベルは向かうところ敵なしのスーパーヒーローで、強敵と戦うアクションシーンがこれまたド派手でですから、観ていてもたまりませんねぇ。
迫力満点、スリル満点のアクションシーンを緊張感タップリで楽しむことができました。
スーパーヒーローものの映画は本当に観て楽しませてくれますねぇ!!!

さて、4月26日に「アベンジャーズ/エンドゲーム」が公開予定ですねぇ。この映画は、既に公開済の「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォ−」の続きです。今日観た「キャプテン・マーベル」と大いに関わってくると思われますから、今からその「アベンジャーズ/エンドゲーム」が楽しみです♪!

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報