映画 「アベンジャーズ エンドゲーム」

2019年4月29日(月)


今日のお天気の予報では曇り後雨です。釣りに出て雨に遭うのもイヤだし、映画鑑賞に行くことにします。お目当ての映画は、MOVIX京都、10時開映の映画「アベンジャーズ エンドゲーム」です。今日も単独で観に行きます。

いつものように自宅から最寄りの小野駅へ行き、地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてからは、ゼスト御池(河原町広場)を通って地上に上がり、河原町通り〜三条名店街〜新京極へと歩きます。
開映50分ほど前に映画館に到着して、自動券売機でチケットを発券して鑑賞席を確保ですが、いつもなら希望する鑑賞席が簡単に取れるのですが、さすがに10連休中だけあって観客がいっぱいで、希望の座席を取ることはできませんでした。
映画は10時開映で、13時10分終了となっていましたので、映画が始まる前に何か軽い物でも食べておこうと思って、映画館横のドトールでモーニングセットを食べます。
開映十数分前に映画館に戻り、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、南館4階のシアター10番です。
映画のあらすじ
前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」で最強の敵、サノスによりアベンジャーズを含む、全宇宙の生命は半分消し去られた。
この最強の敵サノスとの戦いで生き残った、キャプテン・アメリカ、ソー、ブラック・ウィドウ、ハルク、ホークアイ、そして宇宙を当てもなくさまよいながら、新たなスーツを開発し続けるアイアンマンたち・・・
これらのヒーローが僅かに残された希望を信じて再び結集し、失った仲間を含む、35億人を取り戻すために、自らの命を懸けて史上最大の逆襲に挑むのだった。。。


今回の映画は前作「アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー」の続編となります。
ともかくスーパーヒーローが集まっても苦戦するほどの敵を相手に戦う場面はハラハラドキドキの緊張しまくりで、迫力もスゴイものがあります。今回はこれらスーパーヒーローに、最強のスーパーヒーロー、キャップテン・マーベルが参戦してきます。
キャップテン・マーベル単独だけでもスゴクド派手な迫力だったのですが、アベンジャーズのチームに加わっての戦闘シーンは、これ以上の迫力はないと思います。
180分と長時間の映画でしたが、その時間が長いと感じさせませんでした。
ところで、今回の終わり方からすると、アベンジャーズはこれで終わりなのでしょうかねぇ・・・???

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報