映画 「メン・イン・ブラック」

MIB:インターナショナル

2019年6月17日(月)


今日は単独で映画鑑賞に行きます。お目当ての映画は、MOVIX京都、11時40分開映の映画「メン・イン・ブラック MIB:インターナショナル」です。帰りに買物の予定を入れていますので、バイクに乗って家を出て、醍醐のアルプラ横の駐輪場にバイクを置いて行きます。

バイクを置いた後、醍醐駅から京都市営地下鉄東西線に乗って、京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてからは、ゼスト御池(河原町広場)を通って地上に上がり、いつものように河原町通りから三条名店街通り、新京極通りへと歩きます。
開映1時間ほど前に映画館に到着して、自動券売機でチケットを発券して鑑賞席を確保しますが、鑑賞料金が100円上がっているんですねぇ!消費税増税前に上がっているということは、消費税が上がったらまた上がるのでしょうかねぇ(-"-)
映画が始まるまで時間がありますので、一旦映画館を出て、元来た道を少し戻って、河原町三条のすき屋さんで早めのお昼ご飯を済ませます。
寺町御池(本能寺) 新京極通り
食事後、時間潰しにこの近辺を10数分歩いてから映画館に戻ります。新京極通りには提灯が飾ってあります。もうじき7月ですから祇園祭モードに入ったようですねぇ。
映画館には開映十数分前に戻って来て、トイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館地下2階のシアター1番です。
映画のあらすじ
NYに本部を置く最高機密期間「メン・イン・ブラック」(MIB)のエージェントたちは、ブラックスーツに身を包み、人間に姿を変えて地球に生息するエイリアンが、犯罪や侵略行為を行わないように監視し、取り締まっている。
ある日、MIBの新人女性エージェントのMは、MIBロンドン支部内に潜んでいるとされるスパイの摘発を命じられる。
ロンドンに到着したMは、先輩エージェントのHとその任務に当たるが、その真相に近付くにつれ地球の存亡に関わる大事件へと発展していき・・・・・


MIBは前作が3作あり、わりとおもしろかったので3作ともDVDを持っていて、今回のMIBを観る前にあらかじめ3作とももう一度前もって家で観てから新作を観に行きました。
前3作は、ウィル・スミスとトミー・リー・ジョーンズがチームを組んでいて、ハラハラドキドキを楽しませてくれましたが、今回の作品は、イケメンチャラ男のH(クリス・ヘムズワース)と、新人女性エージェントM(テッサ・トンプソン)がチームを組んでハラハラドキドキを楽しませてくれます。
空も疾走するMIBの車がスゴイし、車に装填されたスペースガンもスゴイです。これらを駆使してエイリアンに立ち向かう彼らと、エイリアンとの戦闘シーンも観ていてハラハラドキドキで、本当に楽しめる映画だと思います。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報