映画 「見えない目撃者」

2019年9月25日(水)


昨日に続いて今日も映画鑑賞です。今日は家内と二人で観に行きます。お目当ての映画は、MOVIX京都、13時30分開映の映画「見えない目撃者」です。

醍醐のアルプラ横の駐輪場にバイクを置いて、醍醐駅から地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
電車を降りてからは、昨日と同じコースで、ゼスト御池(河原町広場)→河原町通り→三条名店街通り→新京極通りと歩きます。
映画館には開映2時間ほど早めに到着し、自動券売機でチケットを発券して鑑賞席を確保します。
一旦映画館出て、早めのお昼の食事を河原町三条にある回転寿司のむさしで済ませます。
鴨川三条大橋の少し下流部から撮った写真です。二羽のサギが小魚を狙っているようです。
鴨川沿いにある先斗町通りを歩きます。
先斗町通りのお隣の通り、木屋町通りを高瀬川沿いに歩きます。上の右端の建物は、木屋町の交番です。
久しぶりに錦市場を歩いてきました。外国の観光客が多いですねぇ。
食事後、開映まで時間がタップリありますので、家内と別行動です。今日はどの辺りを歩こうかなぁと思いながら、足の向くまま気の向くままにブラブラと歩きます。上の8枚の画像は、クリックすると拡大画像を見ることができます。
映画館には開映20分ほど前に戻って1階の長いすに座ってしばらく休憩後家内と合流。開映10分ほど前にトイレを済ませてからシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館地下2階のシアター2番です。
映画のあらすじ
警察官として将来を有望視されていた浜中なつめは、警察学校の卒業式の夜、自らの過失で弟を事故死させてしまい、自分の視力も失なってしまった。
警察官になることを諦めざるを得なかった彼女は、ある日の夜に車の接触事故に遭遇し、その車の中から助けを求める少女の声を耳にするが車は立ち去ってしまう。
このことを警察に通報するが、警察は彼女の訴えを聞き入れてくれなかった。
そのとき思い出したのは、この現場にもう一人の目撃者、車と接触したスケボーの少年:国崎春馬だった。
その少年を探し出すことができたものの、少年は犯人を見ていたものの、少女の存在には気付いてなかった。
事件に気付きながら犯人を見ていない目の見えないなつめと、犯人を見ていながら少女の存在に気付けなかった少年:春馬。
「見えない目撃者」のふたりの懸命の捜査により、女子高校生猟奇殺人事件が露わになり、その真相に近付くなつめ達に犯人は容赦なく襲いかかってくる・・・・・


警察が頼りにならない中、なつめと春馬が協力して連れ去られた少女を救うために捜査をし、その真相に近付き、それを知った犯人に襲われて・・・といったストーリーですが、けっこうハラハラさせられます。
懸命に捜査する二人に定年間近の警察官も協力して、連絡を取りながら犯人に迫っていきます。
ハラハラさせられ、緊張感もあり、画面から目が離せません。
チラシに書かれているあらすじを見て、おもしろそうな映画だと期待して観ましたが、期待通りの映画でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報