映画 「ターミネーター/ニュー・フェイト」

2019年11月19日(火)


今回も単独で映画鑑賞に行きます。今日は買物等の用事がないので、歩いて行くことにします。お目当ての映画は、MOVIX京都、11時10分開映の映画「ターミネーター/ニュー・フェイト」です。

自宅から歩いて最寄りの小野駅まで行き、京都市営地下鉄東西線に乗って京都市役所前(河原町御池)で降車します。
ゼスト御池(河原町広場) 河原町通り
三条名店街通り 新京極通り
市役所前で電車を降りてからは、ゼスト地下街(河原町広場)を通って地上に上がり、いつものコースを歩いて映画館に向かいます。
10時チョイ過ぎくらいに映画館に着き、自動券売機でチケットを入手して鑑賞席を確保します。
早めのお昼の食事は、前回と同じく河原町三条のすき家さんで済ませます。
食事後、開映までの時間潰しに、河原町通りをブラブラと四条まで歩いて、新京極通りを北に向かって歩いて映画館に戻ります。
映画館には開映15分ほど前に戻って来て、トイレを済ませてから開映案内を待ってシアターに入場します。本日の上映シアターは、北館2階のシアター3番です。
映画のあらすじ
スカイネットの破壊によって“審判の日”が防がれてから数年後、サラ・コナーとジョンの前にT-800が現れる。穏やかな時を過ごしていたはずの2人だったが、ジョンはT-800によって無残にも殺されてしまう。T-800を前にしてサラの抵抗は歯が立たず、かのターミネーターはその場を去っていく。
場面は変わって、未来から来たターミネーター“REV-9”が、メキシコシティの自動車工場で働いている21歳の女性ダニーと弟のミゲルに襲い掛かるが、同じく未来から来た強化型兵士のグレースに救われ、 何とか工場から脱出した。
その後も執拗に追いかけて来るREV-9をハイウエーで待ち構えていたのはサラ・コナーだった。その逃走中にダニーは弟のミゲルを失ってしまう。
サラ・コナーがREV-9を食い止めている間にダニーとグレースは何とかREV-9の追跡をかわすことができたが、またすぐに発見され襲われる。何故かその時にはダニーらの前にサラ・コナーが現れるのだった。
そして彼女たちが同一行動をとるようになってから、彼女たちの前に現れたのは・・・・・


この映画を観る前に、ターミネーターとターミネーター2を観た方が良いとのことだったで前もってAmazon-primeで2作とも観てから観に行きました。
ターミネーターもターミネーター2もアクションはド派手でけなかなかおもしろかったですが、今回観たターミネーター ニュー・フェイトもその上を行くスゴイアクションシーンが満載でした。
倒しても倒しても蘇って襲ってくる不死身のREV-9に追われるシーンはスゴイです!
MOVIX京都のスクリーン3番はこの映画館の中ではいちばん大きいスクリーンで、その大画面いっぱいに繰り広げられる壮絶なバトルシーンは緊張で身体が凍ってしまいそうになります。
上映時間も129分と長めの映画でしたが、時間いっぱいハラハラドキドキを楽しませてくれる映画でした。

戻る

淡水小物釣りTOP ushisanお薦めフィッシングアイテム 管理人ushisanのお薦め情報